初デートから次の約束までの期間や2回目デートの間隔10選!付き合う前デートの間隔や二回目のデートをいつにするか体験談を紹介

  • URLをコピーしました!

初デートから次の約束までの期間や2回目デートの間隔など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

次のデートの約束は、1週間以内くらいであまり間をあけすぎないことが大事!

付き合う前のデートで、次のデートに誘う間隔は、1週間以内くらいで、あまり間をあけすぎないことがいいと思います。

あけすぎると、デートのドキドキ感やワクワク感が一度おさまってしまうので、告白までドキドキ感やワクワク感を途切れさせずにそのまま勢いよく3回くらいデートして告白して付き合うのが、ダラダラよくわからない関係とかにもなりづらくていいと思います。

忙しくて無理なひとも多いかもしれませんが、次の日にまた会いたいと言っても喜ぶ人も多いと思います。うまくいくデートの間隔は、出来るだけ可能な限り短めで、間をあけずに、回数はベタですが3回くらいでいいと思います。

誘い方は、ラインでも直接話すタイミングがあればその時でも、とくにこだわることなく良いタイミングがあればその時でいいと思います。

告白は直接するべきだと思いますが、誘う時は直接にこだわらず、LINEなどを活用して、誘える時にどんどん誘うといいと思います。

初デート次の約束は、2週間がベスト!その理由と誘い方も紹介します

付き合う前のデートで、次のデートに誘うのは、2週間くらい空けるのがいいかなと思います。お互いの予定などもあると思いますが、1週間はすこし早いのかなと感じます。

なので2週間くらいあるとゆっくりデートの計画も立てられるし、相手もそこまで警戒などしないと思います。もしかしたら早すぎて断られる可能性もなくはないです。早く会いたいしデートしたい気持ちはあると思いますが、LINEで連絡をとる時間も大切にするべきです。

うまくいくデート間隔はお互いの距離や住んでいる場所などにもよりますが、月2回デートくらいがベストなのかなと思います。もちろん週1や週2などでも全然アリです。

ただ月2くらいのペースだと、友達や家族の時間など他のプライベートの時間もお互いが大切にできると思います。なのでそのくらいの頻度でデートするのがおすすめです。

誘い方はお互いの行きたい場所があったら、ストレートにここ一緒に行こうと誘うのがいいです。

2回目のデート間隔や二回目のデートいつ?答えは、相手の都合に合わせることが大切!

付き合う前のデートで、次のデートに誘う間隔は、相手の都合に合わせることが大切です。あまり焦ってもいいことはないし、間があきすぎてしまうのもさみしいです。

相手の忙しさや都合に合わせ、ふたりでベストの日程を決めましょう。相手にも自分にもフリーな時間がたくさんあるようなら、すぐに次のデートに誘ってもいいと思います。ただ、ふたりとも暇であることはあまりないと思います。

相手が仕事をしているようなら、休みたい日もあるでしょう。すぐにデートに誘わず、相手の予定をまずは探ってみるといいと思います。その反応をみて、忙しそうならいったん引きましょう。暇そうなら、予定を入れていいと思います。

デートの内容も、相手が喜びそうなものにすると、次のデートが決まりやすくなります。ベストなタイミングは二人の忙しさによって異なりますが、1か月以内には次のデートができるといいですね。

あまり焦らず、二人で相談して会うペースをつくっていくと、付き合ってからもうまくいくと思います。

デート次の約束は男性から!あまり前のめりになりすぎるのはNG

付き合う前のデートは、2週間に1回がベストです。

相手への気持ちが高まるあまり、「早く空いたい」「次の休みも」なんて思う気持ちはよくわかります。しかし、あまり前のめりになりすぎると、余裕がない人と思われてしまうかも知れません。

それに、相手にも都合があります。相手が常に動いていたい人なのか、ゆっくり休みたい人なのかどうかにもよります。

ただ、休みの日は自宅の掃除を一気にしたり、食材を買い溜めたり、日用品の買い出しに行く人も多いはずです。また、病院やジム、美容院など、こなさなければない予定がある人も多いでしょう。

そんな、日常の生活をおろそかにしなければならないスケジューリングだと、あなたに対してあまり良いイメージは抱けないでしょう。

毎週デートだと、相手は疲れてしまうかも知れません。特に仕事が忙しい年齢や、時期だとなおさらです。相手の仕事や生活スタイルなどをよく見極めて誘うことで、よき理解者として側にいることができるでしょう。

デート間隔は、最低週1回を目安にしよう!気軽に会うことのがポイント

付き合う前のデートですが、最低週1回を目安に考えましょう。

デートとは言え、毎回カッチリしたものでなくても大丈夫です。むしろ、軽い感じで会うことができれば、大成功と言えるでしょう。デートというと、レストランや居酒屋を予約したり、遠出するイメージです。

しかし、仕事帰りに少し会う、ちょっとの時間カフェでおしゃべりするのも立派なデートなのです。私は付き合う前の彼と職場が近かったこともあり、週1~2回は会っていました。仕事が終わる時間が同じだったとき、一緒に帰ることもありました。

駅で待ち合わせて少しカフェで話し、同じ電車に乗り、途中でバイバイします。それだけなら、時間的にも金銭的にも負担にならず、気軽に会うことができるでしょう。

あまり深く考えず、「今日、仕事帰りに映画でもどう?」なんて、誘ってみるのもアリです。こちらから気軽に誘えば、相手からも軽く誘ってくれるようになります。

ラフに会うことができれば、背伸びしない、良い意味で気を使わない関係を築くことができるでしょう。

次のデートを誘うとき、2回目のデートはデートの翌日に誘うのが効果的です!

付き合う前、次のデートの約束は、デートの翌日に誘いましょう。

デートを楽しんで、その日か遅くとも翌日に、お礼の連絡をするでしょう。その日に誘うと、焦っている感じがしますし、楽しかったデートの余韻に浸ることができません。

デートの翌日なら、昨日のデートの余韻に浸りつつ、現実的にも考えることができる良いタイミングです。私はいつもデートの翌日に、「また会おう」「今後いつ空いてる?」などと誘うことが多いです。

相手からはいつも良い返事がもらえますし、誘ったことに対して喜んでくれているような感じがします。デートする間隔は、相手との予定が合うかどうかなので、なんとも言えないところがあります。

無理しない程度で、早めに会えると良いですね。早めに次のデートの予定が決まっていると、その日まで頑張ろうと思うことができます。

期待値も高くなり、相手への気持ちも同時に高まっていくでしょう。ぜひ、翌日誘ってみてください。きっと良い返事がもらえて、良い関係に発展するはずです。

1週間~2週間に1回がベスト!2回目のデート期間は、デート約束かなり先にならないように!

付き合う前のデートは、1週間~2週間に1回くらいの間隔がベストです。

何故なら、あまり間隔が空いてしまうと、熱が冷めてしまうからです。気持ちが高まったとしても、数週間?1ヶ月も空いてしまうと、気持ちが落ち着いてしまいます。

鉄は熱いうちに打てとも言いますが、恋愛も機会を逃さずにアプローチすべきだと思います。もし仕事や用事で会えなかったとしても、誘うことに意味があります。

「あなたに興味を持っています」「楽しかったので、またデートしたいです」というアピールに繋がります。デートが終わってありがとうの連絡をするときや、翌日に誘うのがベスト。

もし、明らかに感触が良ければ、帰り際に直接誘って、次回のデートの約束を取り付けるのもアリです。私は相手から、「また会おう」「次はいつ休み?」など、帰り際に予定を聞かれるととても嬉しく感じます。

次会う予定が決まっていれば、とても気分が上がります。勇気を持って、帰り際に次回のデートの誘いをしてみましょう。

デート次の約束の誘い方や2回目のデートにつなげる方法とは?

私は、婚活パーティーに何度も参加してきました。タイプの人がいれば、だいたいの男性は、カップルにならなくても食事やお茶を誘ってきます。

休みが土日の場合、毎週土日のどちら誘ってくる人もいれば休みが合った、都合が合えばって人もいました。受ける方の性格や仕事にもよりますが、相手に合わせることがいいと思います。

例えば「いついつ空いてますか?」というより「空いている日はありますか?」と特定の日にちを言うよりも、いつ空いているか聞く方がいいかと思います。

誘い方は、ストレートでもいいと思います。色々悩んでしまうかもしれませんが私だったら、例えば相手にがカフェが好きだとしたら「おすすめのカフェがあるから、一緒に行かない?」と誘います。

本当に相手によりますが、お互い行ってみたいところを出し合うのも楽しいですよ。そうすれば、必然的に「じゃあ、次はそっちにいこうよ」となり、次のデートも約束したことになります。

ちなみに、夏だったら花火大会、冬だったらイルミネーションなどイベントがあるので、帰りに「そういえば、花火大会があるんだって!見ていかない?」と誘ってみたらいいと思います。

前のデートの余韻が大事!付き合う前デート間隔は1ヶ月以内にしよう

2回目は3週間以内に誘うのがベストだと思います。

あまり誘わないと、前回のデートがつまらなかったのか?こちらに好意はないのかもしれないと思わせてしまう可能性があるけれど、社会人であれば、忙しいだろうし、

その後付き合って、彼女という存在が負担にはなりたくないので、あまりすぐ誘うよりは、前のデートの余韻が残るか残らないか辺りで誘うと、ドキドキ感も維持出来るのでいいと思います。

会えない時間も相手のことを考えてドキドキして、会えた時はやっと会えた…と思って嬉しくてドキドキして。そのドキドキが恋だと錯覚するものだと思うので、3週間辺りがベストだと感じています。

誘い方としては、もし、1度目のデートでご馳走になっていたとしたら、この前のお礼がしたいと伝えたり、美味しいお店を見つけたや、この前楽しかったのでまたお話ししたいなと思って…くらいの軽いアピールを伝えて誘うのがベストだと思います。

あまり、こちらがグイグイと積極的にいってしまうと相手に構えさせてしまうので、友達以上恋人未満の関係くらいの熱量で誘うとらいいと思います。

初デートまでの期間や次の約束は、相手のテンションをみてから決める!

デートに誘うタイミング、頻度は、相手のテンションによります。

すごく楽しんでくれているようなら、もう既に「次はどこ行こうか」と次の日デートの話に盛り上がっていると思います。そうでもなかったら、その日はじゃあね、と別れることになると思います。

そして、その日にメールがくるかどうかです。来るなら、まだチャンスはあります。「今日は楽しかったね。また行こうね」といった内容が来た場合です。社交辞令的な場合もありますが、少なくとも、次のデートに行く気がないわけではありません。

なかったら、そんなメールもきませんからね。なので、相手が次のデートにどれくらい乗り気なのか?あなたに興味があるのか?会話が続くのか?メールのやりとりがあるか?返事が来るか?などのテンションによります。

その相手のテンションを見極めてください。テンションが低いようなら、次の日デートに誘うのは、ちょっとしばらく日を置いた方がいいです。忙しいか聞いてみるといいでしょう。

まとめ

付き合う前デートの間隔や二回目のデートをいつにするかなど、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる