好きな人や片思いの人とのLINE頻度の成功体験談10選!付き合う前の社会人のLINE頻度や気になる人とのライン頻度も紹介

  • URLをコピーしました!

好きな人や片思いの人とのLINE頻度の成功体験談など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

好きな人とのLINE頻度は、片思いの場合は1日に数回がベスト!

好きな人との最適なLINEの頻度、片思いの場合は1日に数回やりとりするくらいがベストなのかなと思います。

片想いとなると相手の気持ちがまだわからない状態でもあるので、あまりLINEをやりすぎるとマイナスな印象になることもありえます。なので1日数回何気ないやりとりができればいいような気がします。

社会人の場合などはお互いに生活リズムなどがあったり、時間帯も違ってきたりすると思います。しっかり相手のことを気づかないながら、できれば5通から10通くらいできればいいように感じます。

付き合っていたり片想いだったりで状況は違ってくると思いますが、付き合っていたらそれくらいは普通かなと思います。片想いの場合は数回くらいが重くなりすぎないはずです。

迷惑にならないテクニックは、とにかく長文や自分のことだらけのLINEは避けることです。長文は読むのにも送るのにも時間がかかるので短文がいいです。あとは自己中なことはやめるべきです。

片思いで最適なLINEの頻度を保つことが、恋愛を成功させるポイント!

最適なLINEの頻度は、ひとによって大きく異なります。

好きな人との最適なLINEの頻度を保つことは、恋愛を成功させるためにはかなり大事なポイントになります。少なすぎると距離が離れてしまい、多すぎるとうざがられてしまいます。

相手にとって最適な頻度を把握するには、LINEをして、返信がくるまでのタイミングをしっかりみておくことが大事です。相手の返信がゆっくりな場合は、自分もゆっくり返信するとうまくいきました。

相手が返信にかかった時間と同じくらいの時間をおいて返信するのがいいと思います。社会人の場合には仕事中にLINEをできないことが多いです。好きだと頻繁に連絡をしたくなりますが、相手に合わせることも必要です。

何度かやり取りをしていると、相手の都合のいい時間や、快適なタイミングがわかってきます。自分の都合だけでなく、相手の都合に合わせてLINEをすることで、「ちゃんとこっちの都合を考えてくれているんだな」と思ってもらうこともできます。

高校生で好きな人とのLINE頻度は、1日10回程度が最適!でも内容はライトに

好きな人が高校生の場合のLINEの頻度は、1日10回程度が最適です。

「少し送りすぎでは?」と思うでしょうか。迷惑にならないためのポイントは、短文にすることです。5~20行の長文LINEが1日10回も来たら、流石に重い気がします。

ただ、1~2行の短文なら、気軽に送っても良いでしょう。「おはよう、今日も頑張ろうね?」「今日は忙しくて、今休憩だよ」「○○君がこの前言ってたの見つけたよ」など、特に中身がなくてもOKです。

このとき注意したいのは、一方的にガンガン送りつけないことです。返事が来ていない状態で、複数回送ると、相手も少し疲れてしまうでしょう。

迷惑にならない程度で、好意を伝えるべく、明るくLINEをしてみましょう。「この女性からの連絡は、ポジティブになれる」と、前向きなイメージを持ってもらえたら最高です。

私は「今日はこんなことがあって、ラッキーだったよ」「明日は晴れそうだね」などと、できるだけ明るくなれるような内容を送るようにしています。

パワーがもらえるような、そんな人になることで、相手との関係も良い方向に進められるでしょう。

社会人と付き合う前のLINE頻度は、週3~4回が最適!会ったときの会話が盛り上がります。

好きな人とのLINEの頻度は、週3~4回が最適でしょう。

社会人にもなると、仕事に精一杯で、なかなか連絡を取ることが難しくなります。LINEでのやり取りよりも、会って話すことに重点を置いてみてはいかがでしょうか。

LINEでの連絡は、主にデートのお誘いやスケジューリング、お店の予約に徹しましょう。文章でのやり取りをあえて少なくすることで、会ったときに会話が盛り上がります。

話す内容も盛り沢山あるため、沈黙に困ることも少なくなるはずです。私は社会人5年目で仕事が忙しいとき、好きな人とは言え、週に3度ほどしか連絡できていませんでした。

不安な気持ちはありましたが、反対にあまりLINEをしていなかったことから、実際の会話は大盛り上がり。1軒目の居酒屋では話し足りず、2軒目3軒目と足を運ぶことになりました。

LINEのやり取りが少なくて悩む女性は多いと思いますが、全てをマイナスに考える必要はありません。どんなときもポジティブに考えて、発想転換することで、きっと好きな人と良い関係に発展するでしょう。

好きな人とのライン頻度は、最低でも1日2往復(朝と夜)がオススメ!

好きな人とのLINEの頻度は、最低でも2往復はしましょう。

この最低でもというのは、朝と夜です。朝は「おはよう」「今日も頑張ろうね」などの挨拶で、夜は「おやすみ」「今日もお疲れ様」のねぎらいです。これは、1日何も連絡しないと、いつ連絡して良いかタイミングを失ってしまうからです。

連絡する機会を逃すと、数日~1週間連絡取らないことが普通になってしまいます。すると、何かあったときだけ、連絡を取るような仲になってしまうでしょう。

例えばデートの約束や、私生活や仕事で何か驚くようなことがあったときです。好きな人とは、なんでもないときでも連絡を取り合いたいものですよね。

そんな関係を築くためには、普段から1日最低でも朝と夜の連絡が不可欠でしょう。仕事などが忙しくてなかなか連絡が取れない社会人でも、これくらいのやり取りは可能でしょう。

私はどれだけ忙しくても、朝と夜の連絡は欠かさないようにしていました。すると、なかなか連絡が取れなくても会えなくても、相手とお付き合いすることができました。

それに、朝と夜の挨拶程度の連絡なら、相手も気負いしません。あまり返事を催促するようなメッセージは避けて、相手を気遣う内容にすると良いでしょう。

好きな人が社会人でLINE頻度は、1日1通で恋愛成就しました!

好きな人へ送るLINEは、1日1通を目安にすると良いでしょう。

特に社会人になると、仕事や残業、帰宅後も疲れており、意外と時間が取れないものです。1人暮らしだと、家事も自分自身でこなさねばならず、なかなか息つく時間もありません。

私は好きな人から、なかなか返事が来ずに悩んでいた時期がありました。会うタイミングがあり、それとなく聞いてみると驚く答えが返ってきました。

「朝から夜まで、携帯を見る時間がない」とのことでした。医療関係の仕事をしている男性だったので、長時間の拘束も日常茶飯事だったようです。

自分ばかりLINEを送り、相手から返事がないと少し凹んでしまいます。なので、1日1通と決めて送るようにすると、彼からも1日最低1通は返事をもらえるようになりました。

忙しいのに時間を割いて、返事を返してくれることが嬉しく、とても幸せな気持ちになりました。それから彼とはお付き合いすることになりましたが、より深く彼を知ると、本当に忙しい生活を送っていたようです。

相手への思いやりを持ちながら、LINEのやり取りをしていきましょう。

気になる人へのLINE頻度は、思い切って1日5通!雑談にするのがコツ

好きな人とのLINEの頻度は、1日5通くらいが良いでしょう。

皆、好きな人とはできるだけ連絡を取りたいものですよね。しかし、自分にも相手にも、負担を感じるような頻度は避けたいはずです。

5通くらいなら、空いた時間に送れますし、相手にもそれほど負担にならず、程よいでしょう。私が好きな人にLINEを送るタイミングは、主に待ち時間です。通勤中の電車や、会社でのトイレ待ちなどです。

わざわざLINEを送るための時間を、作らないことがポイントです。ちょっとしたスキマ時間に連絡することで、相手にも気を使わせません。内容としては、中身がないたわいもない会話で大丈夫です。

あまりにも中身が詰まった内容だと、相手にも同じ熱量の返信を求めることになり、負担となってしまいます。あえて内容のない雑談をすることが、コミュニケーションの肝となるでしょう。

「こんな内容、送って良いのかな」「大したことじゃないし」と思っている人は、そこまで気にしなくて良いでしょう。1日5通、好きな人に連絡をしてみましょう。

片思いのライン頻度をパターン別に紹介!遠距離や学生、社会人の目安とは?

これはリアルでどのくらい会えるかによると思います。

たとえば中高の同級生や大学のゼミ仲間、仕事の同僚のように、ほぼ毎日~週3くらいで会える場合、毎日LINEするのは多分うっとおしいと思われます。特に男性の大半は筆不精だと思うので猶更だと思います。

もし遠距離で、会える頻度が月に1回程度の場合。学生だったら、学業に支障がない範囲でLINEするのがいいと思います。私が大学生の時の彼氏は、お付き合いする前に一瞬だけ遠距離で、その時は、2日に1回、5~6往復くらいメール(当時はLINEが普及してなかった)してました。ちなみに告白もメールです。

夫とも交際当初の数か月間遠距離で、その時は「毎週金曜の業後にLINEする」みたいな流れが何故かできていて、金曜夜7時くらいから2時間ばかりLINEで雑談していました。

金曜にたくさん話すので、土日にLINEすることは滅多にないか、あっても月に1回程度、何かの事務連絡でする感じでした。

とにかくリアルに勝るものはないので、会えるならLINEより顔を合わせて「おはよう」「おつかれ」と言ったほうが良いと思います。

ラインの頻度は、相手のラインの返事にあわせる方法もオススメ!

私の体験談と個人の意見ですが、ラインの頻度は私は相手のラインの返事に合わせています。相手が仕事などで疲れている様子が見られるのなら、ラインの返事は遅めです。

逆に相手の方がラインの返事が早かったら、わたしもそれなりに早めにしています。個人の意見では、返事が早すぎると相手もラインに疲れたり、飽きが来るからです。

そのような理由で相手の方を嫌いになるのも嫌ですよね。迷惑にならないようにするのも、相手に合わせることだと思います。合わせすぎるのはよくないですが、適度に合わせることでお互いが自由にできて気を使わないからです。

気を使ってしまうといつか限界がきてこわれるのがいやだからです。だから私は相手に迷惑にならないように、相手に合わせていることが多かったような気がします。片思いの場合も同じです。

お互いが気を使わない関係でいたいからこそ相手に合わせることでお互いが自然とお互いが合わせようとするはずです。お互いが相手の気持ちを大切にしましょう。

社会人になるとLINE頻度が減る!相手への配慮や気遣いが大切になります

社会人での交際となると、仕事上忙しくて、連絡は学生の時と比べたら激変します。

まずは、連絡を取り合うペースをお互い確認し合うことが大事です。私も社会人に成り立てのときは、仕事に慣れるまで週2回までが限度でした。

元々、連絡のやり取りを長く続けるのが苦手だったため、連絡を取らなさすぎて冷められたと相手に思わせてしまったことも何度もあります。

自分ではそう思っていなくても、相手を知らないうちに傷つけてしまっていることがあるので、どのくらいのペースがいいか話し合った方がお互いのためになると思います。

また、仕事上の忙しさを全部出なくても、ある程度の理解を示しておいた方がいいです。仕事が終わって空いた時間に連絡を取ろうと思っても、疲れてその気になれないこともあります。

片方だけ一方的に連絡を送っても相手の負担になるだけなので、なるべくそれは避けてください。

仕事で忙しいんだろうな?っとその時は軽く流して、次に会った時に思いっきり甘えて頂ければ大丈夫です。そういったお相手への配慮や気遣いは、後に交際であったり結婚へのきっかけにも繋がると思います。

まとめ

付き合う前の社会人のLINE頻度や気になる人とのライン頻度など、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる