恋人と長く付き合う方法やコツ、カップル長続きする方法10選!カップルの付き合い方で長く続くカップルの秘訣や恋人と長く付き合うテクニックも紹介

  • URLをコピーしました!

恋人と長く付き合う方法やコツ、カップル長続きする方法など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

恋人と長く付き合うコツ!お互いが自然体でいられることがポイントです。

昔、私は交際しても長続きしないことが悩みでした。交際半年もすると、相手からフラれてしまうというのを繰り返していたからです。

今は夫と交際期間も含めて7年以上一緒にいます。過去最高の長続きカップルになれました。小さい子供もいますが、仲の良さは昔と変わりません。そこで、何故ここまで長続きするのか考えてみました。

まず、お互いが自然体でいれるからです。交際が長続きしなかった時は、いつも自分をよく見せようと無理をしていました。時間が経つにつれ私本来の性格が出てくるのですが、相手はそれが嫌だったみたいです。

しかし、夫はそんな私を否定しませんでした。むしろ、それは私の個性だと認めてくれたのです。また、夫が欠点だと思う夫の性質も私は彼の個性だと感じています。お互いがお互いを認め合うというのは、とても大切です。

次に、これくらい何も言わなくてもわかるだろうという「察してちゃん」をしないようにしています。場の状況を読むのは大切ですが、読み切れない部分も多々あります。相手にしてほしいことがある場合、言葉にして伝えています。

また、「ありがとう」や「ごめんね」も言葉にして伝えています。これくらい言わなくてもいいや、というのは相手に対して失礼だと思うからです。コミュニケーションを取るように、日々努力しています。

長く付き合う方法2パターンを教えます!うまくいくカップル付き合い方とは

私は別れてしまいましたが、4年半お付き合いしていた方がいます。長く付き合う秘訣は二つあります。一つ目は思っていることを素直に伝えることです。

なぜかというと、相手は自分のことが好きだから分かってくれるだろうと思い込んでいても相手は分かってくれません。付き合いたてではなかなか伝えることは難しいのですが、例えば「私は外食だと個室の方が好きだな」など些細なことでもいいので少しずつ彼に伝えると彼も分かってくれるようになります。

二つ目は嘘はつかないことです。これは恋人に関わらず大事なことですが、一つでも相手に対して嘘をついてしまうと信頼度も落ちてしまい好きな相手から嫌われてしまう恐れがあるからです。

たまに彼からの愛情を確かめたいからと、「他の男性と二人でご飯に行ってきた」と行ってもいないのに言ってしまうと彼は悲しんでしまいます。なので本当に好きなら嘘で愛情を確かめる必要はありません。

素直に「私のこと好き?」とたまに聞くだけで大丈夫です。男性は言葉にしなくても分かってくれるだろうと思ってしまうので自分から言うことによって相手も意識してくれます。

彼と長く付き合う方法や長く付き合うコツは、自分をさらけ出すこと!

長続きの秘訣は、自分をさらけ出すことですかね。

良い女性ぶってても、時が経てばバレてしまいますし、言いたいことを我慢してると、ずっと我慢しつづけなければいけなくなって、辛くなることがあるかもしれませんし。

だからといって、言いたいことを全て話して、我慢しなくてもいいということではありません。自分のいいところも、悪いところも見せて、それでもお付き合いが成り立つのなら、長続きすると思います。

お互いにいいところも、悪いところもあるのですから、話し合うなり、折り合いをつけるなりして、それでも一緒にいたい気持ちを伝えれば良いのかなと思うんです。

ケンカして、雰囲気が悪い方へいきそうなら、「その話は、今はやめよう」と時間をおくことも秘訣のひとつかと考えます。冷静になる時間を作ることです。

それと、長いつきあいになると、当たり前になってしまうことが出てくることも否めません。ごめんや、ありがとうを言わなくてもわかるだろうとか。それこそ、きちんと言うべきだと思います。

当たり前と思わずに、挨拶やお礼、謝罪は忘れずに!感謝の気持ちも忘れずにいることが長続きして、うまくいくのだと考えます。ただ、人なので上手くいかない時もありますが、、後でフォローすることもコツやテクニックです。

長く付き合うには、相手の話を聞き思いやり、笑いあえる関係性を築く事!

相手の話を聞き思いやり、笑いあえる関係性を築く事が重要だと思います。どんなに傍にいようと相手が今どんな気持ちでいるのか、何を求めているのかは話をしない事には気づけません。

何となく分かることも有るけれど、本当にそう思っているか、そして自身が今どのような気持ちなのか、正直に話す事が出来れば長続きする第一歩になると思います。後でこんな気持ちだったと打ち明けるのはNGです。

恥ずかしくても、不安でも、その場で「愛してる」や「好き」という気持ちや、これが嫌だったなど伝えるようにしてみて下さい。そして、お互いに何かをしてもらった時に感謝の気持ちを持ち、覚えておいてみて下さい。

そうしたら、きっと「あの時こんな事をしてもらったから私もしてあげたい」」と思えるはずです。自分が何かをしてあげた。と思ってしまうと不思議と伝わってしまう物で、相手もあなたに何かをしてあげたいと思えなくなってしまいます。

いつも相手のことを思い、無理をせず笑って色々な事を話し合いながら毎日を過ごしていれば相手にも気持ちは届くはずです。私自身も上記のように毎日思った事を話し合いながら笑って過ごすことで結婚する事ができました。

相手の事をきちんと見て、話して、お互いを分かることができれば、その時その場所で最適な方法を導き出す事ができると思います。

長く続くカップル秘訣は、倦怠期を倦怠期だと思わないこと!

夫とは、出会ってから10年以上を経て結婚しました。

私たちは、「付き合おう」という明確な話をしたことがないまま、居心地の良さから自然といつも一緒にいるようになりました。

無言も苦に感じず、互いが別なことをしてても気にならず、異性の友達の存在なども「友情も大事」だと思っており、束縛などとは無縁でした。

結婚する数年前に同棲を始めましたが、その際も、まるで以前から一緒に暮らしていたような感覚でした。「それでよく結婚したよね」と、友人から言われることも多いのですが、思い返してみれば、倦怠期というものを感じなかったように思います。

周りから見れば倦怠期のようなものはあったのかもしれませんが、私たちはそれを「慣れ」だと思い、特に気にも留めずにそのまま過ごしていました。

変わった視点かと思われるかもしれませんが、倦怠期を倦怠期だと思ってしまわず、それほど心を許せる関係になったのだと思ってみると良いかもしれません。

もちろん、どちらかが寂しい思いや不満に感じることがあれば、話し合いは必要ではありますが、「これって倦怠期…?」と思い詰めないで、捉え方を変えてみるのもおすすめです。

長く続くカップルの傾向とは?お互いを尊重して応援してくれる関係になる!

付き合い始めた最初は、ドキドキワクワクして会う時間を増やそうとする傾向があるかと思います。もちろん私もそうでしたが、彼とのお付き合いが安定した頃、自分のしたいこと、興味があることにも時間を取りたくなります。

例えば、海外旅行に行ったら英語を話せるようになりたくなる、英会話習ってみたい、体型が気になるのでヨガ教室行こうかなといったことです。自分のやりたいこと、興味あることをあきらめない、そんな気持ちを彼にも話してみることです。

彼の知人が、「彼女、夜によくでかけてない?」と聞かれたことがあるそうですが、彼女は向上心があって習い事をしていると答えたそうです。このように理解して、応援してくれる彼となら長く付き合えます。

デートのときは、学んだことや教室で合った話をしてどう思う?と意見をきくのがポイントです。ヨガのポーズが難しくてできなかったりすると、スポーツ万能な彼なら逆に教えてくれることもあるでしょう。

常に一緒に行動しなくても、こうした時間で話題も豊富になり楽しくなります。同じ趣味は一緒に楽しみ、そうでない彼の趣味は自分の知らないことが聞けて楽しいです。

お互いを尊重しながらムリしすぎず、自分の時間も一緒に過ごす時間も大切にすることが長く付き合っていけることだと思います。

長続きするカップル方法とは?親友のように干渉しないこと!

私は今結婚して5年目になります。私も主人も31歳で高校生の時に出会いました。

私たちはお互いのことを夫婦と言うよりも親友と思っています。お互い他の異性の方と付き合ったことがありませんが、周りの友人たちを見ていると相手に依存し過ぎでは?と思ってしまいます。

いい距離感があることでお互いの大切さを実感できると思います。私たちは全く干渉しません。もう10年以上も一緒にいるので信頼や信用がある部分もありますが、付き合った当初からそうでした。

高校生時代、毎日何通もメールをして毎晩何時間も電話して。など友人たちは盛り上がっていました。少しうらやましいな思ったこともありましたが、その友人たちは相手に依存し過ぎてほとんどの方たちが別れてしまっていました。

お互いに依存すると言うことは相手に期待過ぎてるんだと思います。私はいい意味で主人に期待していません。期待していると期待値以下のことが起きるとショックがすごいからです。

なので、相手がしてくれたことはどんな些細なことでも嬉しく幸せに思います。依存はしてませんが、私は主人のことが大好きです。

1回の人生の中で、私は主人に出会えてほんとに幸せです。みなさんも、いい意味で相手に期待せず1人の時間を有意義に楽しめるそんな強い女性になってもらいたいです。

恋人と長く付き合うコツ3つを公開します!

私は10年間お付き合いした末に、その相手と結婚しました。長く付き合うコツとしては3点あります。

1点目は、ささいなことでも毎日連絡を取り合うことです。付き合っていた時、LINE等を使ったやりとりを毎日続けていました。

伝えることが何もなくても、「おはよう」「お疲れ様」など、毎日のちょっとした声掛けが大事です。連絡を毎日取ることで、自分という存在が相手の日常に入り込むようにしていました。

2点目は、話し合いをすることです。モヤモヤとした時は我慢せずに、言葉にして相手に伝えるようにしていました。

話し合う時は冷静に。そして相手は他人で、考え方や価値観が違うということを理解し、2人の合意点を見つけることを大切にしていました。 

3点目は、自分が毎日楽しく過ごすことです。最初は彼氏中心で、嫉妬や喧嘩も多く、自分に余裕が全くありませんでした。しかし、付き合っていく中で、彼氏のことが気になる=自分に暇な時間が多い と気づきました。

そこからは趣味をしたり、友人と会ったりして楽しく過ごすことで、暇な時間をなくすようにしました。ちなみに、私の趣味は美容研究だったので、何気ない趣味が自分磨きにつながり一石二鳥でした。

すると、自分にも余裕が出てきて彼氏に干渉することもなくなり、良好な関係を持つことができました。お付き合いされる中で、3点のうち1点でも参考になれば嬉しいです。

超重要!恋愛の付き合い方で長く付き合う方法は、自然体で接すること

長続きする秘訣は、やっぱり自然体で接することだと思います。もちろん嫌われたくない、引かれたくないと思って理想の自分を演じてしまう気持ちもわかります。

でも、本当の自分を見せても好きと言ってくれる相手となら、だいたいのことは乗り越えていけると思います。また、相手に対して直してほしい部分があったり変えたいと思うこともありますが、他人は基本的に変えられません。

他人に期待するといいことはないので、パートナーと一緒にいる時の自分が好きだなと思える相手を選ぶのがおすすめです。

一緒にいると自分を好きでいられる、自然体でいられる、そういう接し方をしていれば相手も自然体で接してくれます。

よく目上の人や尊敬する人に対して変にかしこまってしまい、自分は格下なんだと思ってしまうことがありますが、私の場合自分を卑下して接すると、対等な関係ではいられなくなり一緒にいるのが辛い時間になってしまいます。

相手のことが本当に好きで仲を深めたいなら、相手に対して嫌われてもいいから対等な関係を築こうと思うことが大切かもしれません。

遠距離恋愛でカップルが長続きする方法!相手に干渉しすぎず自分磨きをする

私は1年半今の彼とお付き合いしていますが、遠距離でお付き合いしています。

遠距離の方が私たちには合っていたといえばそれまでですが、なかなか会えない分毎日電話でコミュニケーションをとり、週末の予定はスケジュール管理アプリを共有しできる限り大まかな予定は把握するようにしています。

そうすることで返信が遅い時も不安になることはありませんしお互いをある程度信用することができるのでおすすめです。

また、相手に干渉しすぎることはよくないと思います。1日の終わりに今日あったことを話しますが根掘り葉掘り聞きすぎるのはお互いのためによくありません。ある程度聞いたらそれ以上は聞かないようにしています。

久しぶりに会える時には彼に可愛いと少しでも思ってもらえるよう、美容院や新しい服、トレーニングなどをして見た目の努力も怠らないようにしています。これは遠距離ならではかもしれませんが、もし近距離になっても見た目を磨くことは怠らないようにしようと思っています!

どんなに仲が良くても結局は他人なので、喧嘩したらどこがお互いの納得点になるか考えながら話し合うことが大事です。

まとめ

カップルの付き合い方で長く続くカップルの秘訣や恋人と長く付き合うテクニックなど、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる