男友達を好きになる、友達から彼氏になる瞬間10選!男友達を好きになったり、恋愛して彼氏になったり、友達から彼氏になった体験談を紹介

  • URLをコピーしました!

男友達を好きになる、友達から彼氏になる瞬間など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

男友達から好きになるきっかけは、居心地のよさ!

男友達から好きな人(彼氏)になるきっかけはいろいろあると思いますが、一番はすごく居心地いいなと感じることかなと思います。

例えば失恋した時や仕事などで悩んでいるときなどに、この人といたら楽になるとか落ち着くなと感じることがきっかけになったりすると思います。

男友達だからこそなんでも言えたり、少し踏み込んだことも話せる関係性だと思います。そこから好きな人になるには、よりこの人のいいところを発見した時などもあると思います。

タイミングや流れも様々ですが、この人といたら幸せになれるかもとか意外といいところあるなと感じた時などです。近すぎて見えていなかったことや、そこまで意識していないこともあったと思います。改めて見るととても魅力的だったり、自分にとって大切だなと感じることもあるはずです。

うまく彼氏まで発展する方法は、お互いに悩みなどを赤裸々に打ち明けることも大事です。気心許せるところから発展していくと思います。

友達から恋人になる確率とは?無事に交際まで発展しました!

男友達を好きになったことに気づいても、そこから彼氏彼女の関係になるにはちょっとためらってしまうことがあると思います。それは、このまま友達としているのも楽しいし、うまくいかなくて気まずくなるのもつらいと思ってしまうからです。

また、友達なのにいまさら好きだというのが恥ずかしいという気持ちもあるかもしれません。わたしも同じ部活で仲良くなった男友達を好きになったことがありました。

友達でもまあいいかな、と思っていたのですが、部活を引退するときに、友達のままではこれまでのようにしょっちゅう会えることはなくなる、と思い関係を進展させる決意をしました。

素直に、部活を引退したらあえなくなるのはさみしい、と伝え、二人で会える機会をつくってもらうことに成功しました。その後は二人で会うことが増え、いつの間にかデートを重ねていて、時間はかかりましたが自然と交際に発展しました。

友達から恋人になる確率は、あまり高いとは思いません。しかし、友達同士から恋愛に進むのは、相手のことがよくわかっているし、話しやすいのでとてもいいです。

男友達を好きになったきっかけ2パターンを紹介!

男友達から好きな人や彼氏になるきっかけは、2つあります。

1つ目はふたりきりで過ごす時間が長いことです。私が男友達から彼氏になった経験が学生時代のときにありますが、最初はグループでつるんでるのですが、そのうち男友達とふたりきりでいる時間が増えると意識してしまいます。

特に学校ではなく、学校の外(放課後やお休みの日)でふたりきりで会うとだいたいはお互い気があるのかな、ここちがいいのかなと思います。

そのため、その男友達が私の好きな人であるときは、歩いてる時にさりげ無く腕を当てたり肩があたったふりをして相手にも意識させちゃいます!それでうまく彼氏にまで行けるときもあります。

2つ目は、相手が多分私のこと好きだろうなという雰囲気があるときです。今度は先程とは逆で、男友達側が私にボディタッチ(多いのは頭ナデナデですかね)をしてくることです。

そうすると、私も気になっちゃうし、多分この人少しは私に好意を持ってくれているのかなって思うので、告白されたらそのままお付き合いすることが多いです!

うまく彼氏にまでもっていくときは、男友達とふたりきりの時間を増やすのが効果的かなと思います。

男友達から彼氏へ恋愛感情になったきっかけを紹介!これをされると好きになる。

男友達から好きな人(彼氏)になるきっかけは、いつもと違う雰囲気でふと優しくしてくれたたり自分の味方になってくれ守ってくれた時だと思います。私自身男友達だった子が彼氏になったことがあります。

その時は先ほど書いたように、自分の味方になって守ってくれたのがきっかけでした。今まで普通の男友達として接していたのに、今まで見たことまい男らしい姿を見たらキュンとしてしまい知らない間に好きになっていました。

自分が彼のことを好きだと分かってから、なるべく彼と話す時間をいつも以上に増やして物の貸し借りも積極的に行いました。

例えば室内が寒い時に彼がカーディガンを羽織っていたりパーカーを着ていたら、「ねえねえ、寒いから服借りてもいい?」と少し可愛くいうと「いいよ」と少し照れた感じで貸してくれるので、借りれそうな物は積極的に借りたらいいと思います。

そしたら、いつもは複数人で遊んでいたのに「二人で遊ばない?」と誘ってくれたりします。もし誘って来なくても自分から誘ってみたら、思っているよりいける確率の方が高いので誘ってみましょう。

二人で遊ぶ回数が増えると向こうも意識してくれるので会う度に可愛いと思ってもらえるようにして行ったら告白してくれます。

男友達を好きになる!友達期間5年からお付き合いを開始しました。

今お付き合いしている恋人は、友達期間5年からお付き合いを始めて、もうすぐ4年になります。

彼は私の前に長くお付き合いしていた女の子がいたのですが、進路選択にあたって遠距離になったあと、相手側と音信不通状態が続き、すごく悩んでいた時期がありました。

彼側から話を聞いてほしそうに連絡をくれた時には必ず連絡を返して、マメに話を聞いていると「周りの男友達はなかなかこんな風に話を聞いてくれないから、聞いてもらえてすごく助かる。」と言われ、ちょこちょこ相談してくるようになりました。

彼が付き合っていた彼女と別れたあともそうして話を聞いたり、励ましたりしていたら、その彼女と別れて1年後ぐらいの頃に彼の方から告白されました。

彼からは「何気ないくだらない話から、真剣な相談まで、いつもちゃんと話を聞いてくれる〇〇(私)を気付いたら好きになっていた」と言ってもらいました。

長年友達でも、人として大切に接しているうちに、相手から、もしくは自分から恋愛感情が芽生えることもあるのだなと思っています。

男友達好きになりそう!徐々に恋愛感情が芽生えてくるケース

男友達から好きな人になるきっかけは、一緒に過ごすうちに徐々に恋愛感情が芽生えてくることでしょう。

デートだと緊張してしまう女性も、男友達だったら、気軽に会うことができます。そうやって一緒に過ごすうちに、段々と彼への気持ちが恋愛感情になっていくのです。

私は男友達と頻繁に会うようになり、好きになった経験があります。それまで数ヶ月や半年に一度会うくらいでしたが、ひょんなことをきっかけに会う回数が増えました。

週1~2度会って、お互いの仕事の悩みを相談し合っていました。彼は年下でしたが、多角的な面からアドバイスをもらい、とても助かりました。

また、愚痴を聞いてもらうだけでも、心が楽になる感覚がありました。頻繁に会うようになってから約半年、彼からの告白でお付き合いすることになりました。

始まりは友人関係だったので、最初は少し恥ずかしい、気まずい気持ちがあったのは事実です。しかし、そんな感情も徐々に薄れ、普通の恋愛関係になっていきました。

男友達が好きになる!友達から彼氏になる瞬間とは?

ずっと友だちだと思っていた男性が気になりはじめて付き合ったことがあります。日本人とフランス人のハーフの男性だったのですが、正直ルックスは好みじゃなくただ単純に仲良くしてくれる友だちの1人でした。

ある日、男性が駅でスマホを落として困っているラインが送られてきました。「2台持ちだし紛失届出したら?今は連絡できてるし」と返信すると困るというのです。仕方なく私も捜してあげることに。

駅で紛失したそうなのですが、検索アプリなども入れてないということで一応学校なども捜すことに。最初は複数人で探していて、それでも見つからず男性もげんなりしながら探していました。

その後、1週間後に届けが出ていたので見つかったと報告があったのですが、見つかる前日まで、私と男性は学校内などを一緒に探していました。そこから男性とは何故か仲良くなってしまい付き合うことになりました。

そういえば2人で何かした経験がなかったなぁ~と思っていたのですが、こんなことで急接近することもあるんだなと思いました。暇人でよかったと思いました。

友達から彼氏へ!優しさに感動し、恋心が芽生え始めました。

私には、ずっと仲良しな男子友達がいました。バイト時代、3年間ずっと仲良しで、ずっと友達だと思っていました。私は男女の友情は成立すると思っている人です。

いつものように、2人で仕事帰りに呑んでいると、仕事に疲れた私は酔ってしまいました。先輩の愚痴を言いながら、酒が進み、酔いが回っていきました。

店を出るもフラフラで、男子友達が支えながら歩いて駅まで行きました。男子友達は、私の家までそのまま送ってくれました。家に着いたら、コップに水を入れて飲ませてくれました。そこで私の記憶は消えています。

次の日、朝頭痛で起きると、机の上には、ペパリーゼとペットボトルの水。スマホは充電器に刺さってて、冷房は適温でついてて、結んであった髪は解けていました。男子友達の姿はなく、LINEを開くと「呑みすぎだよ、ばーか!しっかり休めよ。」と入っていました。

あとから聞くと、充電器も髪ゴムを取ってくれたのも、男子友達だったと分かりました。

優しさに感動し、恋心が芽生え始めました。その後、お礼をしたいとご飯に行きました。お互い、意識をし始めた事で、そのまま交際がスタートしました。

男友達好きわからない!親友だった2人が結婚したワケとは?

私と夫は中学校の同級生で親友でした。

高校・大学・大学院と別の学校で、2年に1度程度タイミングが合えばお茶しに行く程度の仲でしたが、自分を一番理解しているし自分が一番理解しているのは相手だ…という確信はお互いにありました。

しかし、少なくとも私は夫の見た目が好みでなかったので、彼氏にしようとは思っていませんでした。

大学院の頃から社会人にかけて、私は元彼と気持ちが通じ合わないお付き合いをして、かなり疲れていました。その時に「彼(夫)だったら分かってくれるのになぁ」と思うことが多々ありました。

ちょうど夫もお見合いを何度かして「この人じゃない」という思いを募らせていた模様。そしてたまたま夫が出張で東京に来るとの事、なら久しぶりに会おうという話になりました。

会って話すうちに、お互い「やっぱりこの人といるのが心地いい」と思い、帰り道に何となくお付き合いすることになり、今ではそれが夫です。

私たちの場合は本当にお互い「この人じゃない、この人もちがう→あの人がいい」という思いが一致していたのに助けられた感じがあります。

たぶんどちらかがズレていたらまた運命は変わっていたし、結婚しなくてもお互い最高の親友で居続けたと思います。おそらく、人間として相手のことを見て誠実に接していたら、彼になるかどうかは関わらず、生涯の財産になると思います。

男友達を好きと言えない状況も!友達から彼氏になるにはタイミングが大事

お互いにいいなぁとか思っていたんですけど、自分に彼氏とかいたり、相手に彼女と書いたからなかなかうまくいかなかったこともあるんですよね。

こういうことがあるから恋愛ってタイミングが凄く重要なんだとおもいましたね。

でもって、たまたま二人に彼氏彼女がいてなかったことがあって、久々に飲みに行った時に意気投合してしまって、そのままいい感じになったんですよねこれはこれでいい恋愛だったなって思いました。

やっぱり何が大事かってタイミングなんですよ。だから相手をまつんじゃなくて、今このタイミングで誰と上手いこと行くかを考えることが凄く重要なんだとおもいましたね。凄くいい勉強になりましたね。

そういう意味で運命ってあるんですよ。どんなけ好きな彼や彼女でもうまくいかない時ってあるからだから恋愛って面白いんだと思いましたね。

そして誰と最後寄り添うか、結婚するかを決めることの難しさですよね。基本的にはタイミングが大事なんです

まとめ

男友達を好きになったり、恋愛して彼氏になったり、友達から彼氏になったケースなど、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる