彼氏に大事にされるには?大切にされる女性や彼女の特徴9選!彼氏に大事にされたい&大切にされたい心理も紹介

  • URLをコピーしました!

彼氏に大事にされるには?大切にされる女性や彼女の特徴など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する9個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

彼氏に大事にされるには?大切にされる女性の特徴を紹介します!

彼氏に大事にされる方法は、男性気質が多い人よりは 女性の印象が強い人でしょう。いかに、この子を一生守りたいと思わせるのが重要です。

大人しい印象で、品があり、相手への思いやりがある方だと思います。一緒にいても自然体でいられる人です。

自分の事をいかに理解してくれるかで変わってくると思います。いくら可愛くっても 相手への思いやりができない人は 愛されないと思います。初めは、可愛いからっと付き合っても 思いやりがなければ長くは続きませんよね。

例えば、仕事で疲れてそうだったら、『今日元気ないね?大丈夫?』など…普段 思うちょっとした些細な事でもいいので、言葉に出してみましましょう。言葉をかけられて嫌な思いをする人はいません。

彼氏に大事にされたければ、あなたも彼の事を大事にしなければなりません。どちらかが、気持ちが欠けてしまえば恋愛は 成立することはありません。

大事なのは、相手への思いやりです。簡単なようで実は、難しいです。きちんと思ったことを言葉で伝えるようにしましょう。黙ってても相手へは、伝わりません。

相手への思いやりが 彼にも届けば きっと大事にされます。

彼氏に大切にされたいなら、自分の気持ちをちゃんと相手に伝えること!

彼氏に大切にされる女性は、自分の気持ちをちゃんと相手に伝えられる人じゃないかなと思います。どうしても相手に嫌われたくなくて我慢してしまったり、相手に合わせてしまう人は多いんじゃないかと思います。私もそうでした。

相手の顔色を伺って相手の望むような女性になろうとするよりは、自分の気持ちを大事にして、自分の望みを伝えられる方がいいと思います。

私は元々他人の顔色を伺ってしまい、自分の意見を言えない人間でした。今も遠慮してしまうところはあります。

しかし、自分を出した方が相手に好かれると聞いて、自分の意見を伝えようと意識するようになりました。

もちろん相手の気持ちを考えないでわがままばかり言うのはダメですが、自分がどう考えているのか、どうしてほしいのかを言った方が相手にとってわかりやすいし、愛されやすいということが分かりました。

彼氏になかなか会えないときに「会いたい」と泣いたことがあったのですが、「気持ちを伝えてくれたのがうれしい」と言われました。自分の気持ちを伝えるのは勇気がいりますが、大事なことだと思いました。

彼氏に大事にされたいなら、相手をよく観察すること!その理由とは?

まず、とにかく一緒にいたら相手をよく観察することから始めることから始めましょう。そうすると段々とお互いの嫌いな面や悪い面が徐々に少しずつ見え隠れしてきます。

そもそも付き合っていれば、嫌いな面や悪い面だけ見つめても仕方がないので、これもこの人の性格の一部だと思うことで許してあげることも大切です。

そうすることでお互い気持ちも楽になると思うのです。

相手に合わせることは大切ですが、全て合わせると段々と疲れが出てきて本当に相手を嫌になってします可能性がありますから尽くしてあげても7.8割程度に抑えてあげることです。

誰でも尽くされて嫌な人はいないですよね。あまり尽くすと相手も調子に乗ることもあるので2.3割は躾のつもりで、たまに怒った顔をしてあげる。

付き合っている時は楽しいこともありますし、本当に嫌な時もあります。そんな時は、常に前向きな思考で相手に思い遣りや笑顔で微笑んであげることもお勧めします。

素敵な笑顔で微笑んでいる時って、誰でも輝かしく思えるものです。

相手が悪くて喧嘩になっても相手を怒らずに冷静に判断して、自分が悪くなくても素直な気持ちで「ごめんなさいね」と謝ってあげる謙虚な気持ちも大切です。

そんなことをされたら彼氏も「どうして、俺が悪いのに」と誰でも思うはずです。男性にはある程度!譲れないプライドもあります。彼氏を掌で「コロコロ」と転がすつもりで大きな気持ちを持つことも大切なのです。

大切にされる彼女の特徴や絶対条件とは?彼氏に依存していないこと!

彼氏に大切にされるには自立していること、彼氏に依存していないことが絶対条件だと思います。男の人は本能的に追いたい生き物だと思うので、完璧に安心させてはいけないと思います。

常に彼氏のことばかりを考えるのではなく、彼氏以外の趣味や仕事、友達との時間、自分ひとりの時間を大切にすると、どんどん人としての魅力も上がりますし、自分といる時以外は何をしているのかな?と、気になる存在になると思います。

心配させたり、やきもちをやかせるのではなく、自立した部分を見せると大切にしてもらいやすいと思います。あとは、自分のことを大切にしてくれる人を大切にする、というモチベーションでいることが大切だと思います。

彼氏に対しても友達に対しても。自分を大切にしている人は他人も大切にできると思いますし、他人からも大切にされている人ばかりだと思います。

尽くすことは良いことですが、尽くしすぎず、自己犠牲にならないようにすることが大切です。

彼氏に大事にされたいなら?大切にされる女性は、はっきり意思表示をする!

確実に言えることは、時に彼氏と正反対の意見であってもはっきり意思表示する人のほうが、何でも彼氏にあわせる人より絶対に大事にされます。

かつて私は彼氏に何でも合わせていました。結果、彼らは人が変わったように私に横柄になり、何か月も辛い思いをして、最終的に浮気されて振られるというパターンでした。

いっぽう夫は中学校からの親友で何でも言える相手だったので、恋人の時も同棲してからも、嫌なことは「嫌!」と伝えていました。たとえば、彼は実家暮しの時、職場に母親が作ったお弁当を持って行っていました。

同棲するにあたってお弁当の話になり、私は「大人なんだから、自分の昼くらい自分で何とかして」とお弁当作りを拒否。次の日から、最初の1か月くらいはコンビニで調達し、やがて自分でお弁当箱を買って弁当を作るようになりました。

その作業で、夫は料理の大変さを思い知ったようで、今では「休みの日は料理するから休んでて」と言ってくれます。伝え方に工夫は必要ですが、自分の意思をはっきり伝えることが大事にされるコツだと思います。

大切にされる女や大事にされる女は、媚びないでしっかり自分の本音を言える!

私がこれまで経験した恋愛を通して、大切にされる女性とは…と考えた時にわかったことがあります。それは、媚びないでしっかり自分の本音を言える女性です。

でも、なんでもかんでも思ったことを言えば良いというわけではもちろんありません。ただ、尽くすことや嫌われないように努力する女性って多いと思うのですが、それはむしろ逆効果です。

可愛いと思われていたいのは女性なら誰しもある感情だと思うのですが、だからと言って我慢をするとか、相手に合わせるのはただの都合のいい女にすぎません。

逆にしっかり嫌なことを嫌と伝えている女性の方が、いい関係を築く恋愛をしていると思いますし、相手の男性からも信頼されているように思います。

という私も昔は好かれたい、もっと夢中になって欲しいと尽くしていい女風で頑張っていました。でも、そういうのをやめて自分を大事にするようになったら、相手を大事にすることもできて、なぜか自然と大事にされる関係を築けるようになったのです。

女子だから守って・可愛がってということを求めるのではなく、素直に対等にいる意識がある人や自分を大事にできている人は、愛され上手でもあってことですね!

大切にされたい心理は男女同じ!彼女側も彼氏をきちんと大切にすること。

「好きな人のことを大切にしたい、守りたい」と考える男性は多いと思いますが、その気持ちをずっと持ち続けてほしい、大事にされるために女性側も努力が必要です。

まずは一番単純なことですが、彼女側も彼氏をきちんと大切にすることです。あなた自身が彼氏のことを思いやって、優しさに甘えて偉そうになったり、態度を変えたりすることなく、いつも笑顔で気遣うことが大切です。

人は鏡のように写しあうものです。どちらか一方だけの愛情はいずれ枯渇してしまうし空しくなるだけです。

なので、相手がしんどそうにしていたら気遣ったり、感情に左右されて不必要なことを言わないようにするなど難しいことではなく、自分がされたくないことはしない。を心がけましょう。

あとは男性は視覚的に影響を受ける部分が大きいので、いくら親しくなったとしても下着姿でウロウロしたり汚い言葉遣いをするのはNGです。できる限りでいいので小綺麗にしておくのを心がけるだけで、見るたびにいつまでも大切にしたくなる存在になるでしょう。

大事にされたい心理とは?男性に尽くし過ぎている場合は要注意!

女性として生まれたなら誰だって男性から大切に扱われたいと考えるものです。

しかし、中にはそんなことしたら大事にされるどころか、適当に扱われて用がなくなれば捨てられるのにな~と思うような行動をする女性がいます。

男性に適当に扱われてしまう女性は男性に尽くし過ぎているのです。

好きな人だから尽くしたい気持ちは分かるのですが男性の意見ばかり聞いて自分の気持ちを言わないと男性は「この女はなんでも自分の言うことを聞く都合のいい女」としか認識しなくなり、大切に扱うことはないです。

付き合いたてで彼氏に嫌われたくないあまり彼氏の方が自然に立場が上になっている状態です。それでは幸せな恋愛はできません。

男性に大切に扱われたいのであれば、自分の意見をしっかり持ち尚且つその意見を男性に言える女性になることです。それで、嫌な顔をしてくる男性ならそこまでの男ということです。決していい男では無いのでこちらから見限ったほうが得策でしょう。

男性はブレない軸を持った女性を魅力的に感じます。人には譲れない軸を持った女性になってみましょう。

大切にされてると感じる時を増やそう!大切にしてもらえるコツは実はとても簡単です。

付き合う前は、とても優しくて大切にしてくれたけど付き合ってしばらくするとどんどん冷たくなっていくなんてゆう経験がある方も多いのではないでしょうか。

男性は、一般的に自分のものになった途端に急に気持ちが落ち着くというのはよく聞きます。しかし、これは決して女性のことを嫌いになったとかもうどうでもよくなったとかではないと思うのです。

よく言えば、安心感を得られるのでつい今までの扱いとは違う感じになるのだと思います。でも、女性としてはずっと大切にして欲しいと思いますよね。

いつまでも大切にしてもらえるコツは実はとても簡単な事なのです。彼氏が冷たくなったと責めたりしなければいいです。

冷たくなったなと感じても、その間に自分も自分の時間を楽しんだり、美容に力を入れたりすると彼からはますます魅力的にうつります。会うたびにどんどん綺麗になったり、自分をしっかり持っている女性はとても魅力的です。

誰かに取られるかもと思ってちゃんと大事にしよう!とずっとずっと愛されると思います。

まとめ

彼氏に大事にされたい&大切にされたい心理など、9個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる