遠距離付き合ってない毎日LINEや遠距離で片思い脈あり9選!遠距離で付き合う前や好きな人と遠距離で成就する方法まで紹介

  • URLをコピーしました!

遠距離付き合ってない毎日LINEや遠距離で片思い脈ありなど、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する9個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

遠距離付き合ってないなら、毎日のLINEで見極める!

私は今マッチングアプリで知り合った遠距離の男性と付き合っています。付き合っていない遠距離の男性とはなかなかすぐには会えないと思うので、LINEやメッセージで脈ありサインを見つけるといいと思います。

例えば積極的に男性からメッセージを送ってきてくれると私のことを気になってくれてるのかなと思います。また、もし男性に女性の顔写真を見せていないのであれば先に見せておくことをおすすめします。

なぜなら私の実体験で顔写真を見せる前はとても楽しくお話ししてくれたのに、顔写真を見せた瞬間にブロックしてくる人や話す態度がいきなりそっけなくなる人がいたからです。

なので、顔写真を見せた上でしっかりとコミニケーションを取ろうとしてくれる人は脈アリなのかなと思います。しかしメッセージ上では相手の気持ちがわかりづらいのでやはり実際に会ってみる事が大事なのかなとも思います。

実際に会ってみて相手がちゃんと自分の目を見て話してくれたり、自分にいろいろ質問してきてくれたりすると自分に興味があるのかなと強く思うことができるのでまずは会ってみるといいと思います。

遠距離で片思い脈ありの男性とは?電話しようと言ってくること!

付き合ってない遠距離の男性から、脈ありサインを見分ける方法は電話しようと言ってくることです。遠距離はなかなか会えないしLINEなどで連絡をとるだけでは、どこか寂しい気持ちになります。

なので電話しようと言ってきたりすると、脈アリだと思います。声が聞きたい気持ちはもちろん、もっと知りたい話したい気持ちが強いはずです。

連絡頻度も毎日連絡をとっていたらかなり脈アリだと思います。遠距離だとすぐに会えないし予定を合わせて会わないといけないです。だけど毎日のように何気ない連絡をとっているのは、かなり脈アリだと感じます。

LINEの内容もお互いに好きなものや、いまハマってるアニメや音楽などのやりとりもサインです。もっとお互いのことを知りたいという思いや、共有したい気持ちがかなりあります。

遠距離男性を振り向かせるコツは、LINEや電話などで楽しい時間を作ることです。この子と早く会いたいと思わせることだと思います。

遠距離で好きな人に、遠距離付き合う前の連絡方法を伝授!重くなるのはNGです。

まだ付き合っていない段階で遠距離の恋愛を成就させるのは簡単ではありません。遠距離恋愛はどうしても不安になりがちです。特にまだ付き合っていない段階だと特に不安な気持ちになりやすくなります。

大事なのは相手に不安な気持ちや寂しさを伝えすぎないことです。相手が重たく感じてしまうような言動はひかえるのがベターです。

連絡を取るペースも過剰にこちらからメッセージを送ったり、電話をかけたりせず、できるだけ相手に合わせるのがポイントです。

逆に相手に振り向いてもらうには、遠距離の寂しさや、相手が仕事で疲れてる時を支えてあげるような存在になりましょう。具体的には、こちらばかり会いたいと一方的な言葉を言うのではなく、お互い寂しい気持ちを共有し合うような感覚です。

相手が仕事で疲れたり悩んだりした時は、話を聞いてあげたり、また明日から頑張れるように遠くからでも支えてあげると、相手の方から会いたいという気持ちになれます。

遠距離で付き合ってないならLINEの「メッセージの内容」で脈あり脈なしを判断!

マッチングアプリで出会い、まだお付き合いには至っていない遠距離の彼がいる。

そんな彼の脈ありサインを見分ける方法は、ズバリ「メッセージの内容」です。メッセージの長さ、内容、絵文字などをよく見ることで脈あり判定ができます。「今何してる?」と極端に短いメッセージでないこと。

絵文字が少ない淡泊な印象のメッセージでないこと。私自身、マッチングアプリで出会った遠距離の彼の脈あり判定をするのにメッセージの様子を最重視しました。

彼が私に興味を持って質問をしてくれている。絵文字を使ってその時々の彼の心情を感じるような内容かどうか。メッセージだけでも簡単に彼の好意は伝わります。

出会ってからまだ会ったこともない、もしくは数回会った程度。遠距離で次会うまでの期間がかなり長くなってしまう。そんな彼でも、脈ありか脈なしかの判断はメッセージだけで簡単にできます。

彼とのメッセージの1番の脈ありポイントは「話していて楽しいと感じるかどうか」です。

LINE頻度が大事!付き合う前の遠距離で交際まで発展するポイントを紹介します。

遠距離だけにそんなに頻繁には会えないので、連絡手段としてLINEが妥当だと思います。お互いWi-Fiがあるのであれば、LINEとLINE電話でも良いと思います。

ただ、家にネット環境が整っていない時は相手の事を考えて直接電話の方が良い場合もあります。最初は軽く「おはよう」や「こんちには」やお昼の休憩と仕事が終わった後は「お疲れさま」や「こんばんは」ぐらいで大丈夫だと思います。

女性だとスタンプを使用して挨拶を交わすことが多いですから、毎回!同じスタンプも使用するのではなくて、その場の雰囲気で色々と変えてみましょう。

スタンプは表情などで伝えているので顔が見えなくても楽しい様子や嬉しい様子もハッキリと読み取り気持ちも伝わると思います。

そのスタンプで男性も癒される場合もあるみたいなのですね。

男性もLINEスタンプに感化されて表情をLINEスタンプで表してきます。その時に「ハートマーク入りの」のスタンプや絵文字などを使用した時は脈ありのサインのひとつなので!その時は絶対に見逃さないことです。

その時は「たまに声も聞きたいかな」とか「どんな顔だったか?少し忘れそう」などとLINEでさり気なく勇気をだすのも良いと思います。

それで「何時ごろに電話するから大丈夫」とか「明日の今頃に連絡するよ」と男性が答えてくれた時には付き合っていなくてもお互いを思う気持ちは伝わっていると思っても間違いないと思います。

遠距離の片思いを成就するための、脈ありサインを見分ける方法とは?

付き合っていない遠距離の男性との恋を実らせるのは大変だと思いますが必ず方法はあると思います。まず脈ありサインを見分けるには自分がどれほどの優先順位かを知るべきだと思います。

相手の男性が帰省などした際に、自分と会ってくれるのか会おうと努力をしてくれるかが大事です。会いたい素振りがなければ脈はないと思います。帰省する際は会いたいという気持ちを伝えて時間を作ってくれたらかなり脈ありだと思います。

地元が同じ場合は、そこを活かしてLINEの内容は地元の人しか知らなようなものが、相手も興味を持って話が広がると思います。

たとえば、「あの店おいしいよね!久々に行ったよ!今度○○君が帰省した時に一緒に行きたいな」などポジティブなもの、次につながるようなものが良いと思います。

私もそのようにしていました。私の場合は「今度○○でお祭あるよ!帰省してたら一緒に行きたいな」と連絡をしたらOKをもらうことができて、一緒にお祭りに行った事があります。その時私は、脈ありだなぁと思いました。

遠距離片思いで会う約束ができないときの対処法!コレで決まります。

まず初めに男性は興味のない女とはラインなどの連絡は取らないと思います。それは距離は関係ないのではないでしょうか。

もしあなたに気があるのであれば毎日連絡が返って来ます。もし今の時点で毎日のように返信があるのであれば脈アリと思ってもいいのではないでしょうか。

それが1日置きやたまにしか返って来なかったら残念な結果と思うしかありませんが、毎日やり取りが続くのであれば自信を持ってください。頻度は男性が社会人なのか学生なのかにもよりますが1日に頑張って5通ほどではないでしょうか。

朝の挨拶が来るようでしたら間違いなくあなたに気があります。連絡を続けたいという意思になっています。内容は他愛のないことでいいと思います。会話の内容よりいかにして連絡を取ることを続けていけるのかが大切です。

遠距離の相手を振り向かせるコツですが、遠距離でなかなか会えない環境ですので、そんなときでも耐えることができるそぶりを見せてあげてください。

会えない時間でもこの子は俺のことを困らせない。と言った自信を彼に与えてあげることが大切札と思います。遠距離は踏み込むのに勇気がいりますが、頑張ってください。

遠距離で付き合ってないけど会いに行く!遠距離で片思い社会人の成功パターン

付き合っていない遠距離の男性というパターンで言うと、私の場合は社会人になってからです。以前は同じ職場で働いていたのに、転勤や退職がきっかけで遠くに行ってしまう前に、私の片思いをどうにかしようと決心して行動しました。

引っ越しや送別会などで忙しい時ですし、告白するタイミングは難しいです。いざ、離れてしまえば新しい会社で歓迎会や引っ越し先の片付けなどで忙しいでしょうし。

そこで、私は距離を縮める為に送別会への参加を決めて二次会でLINE交換までこぎ着けた。その後、かれが新天地で落ち着いた頃を見計らって連絡してみると、まだ親しい人がいない彼は喜んでいろんなことを話してくれました。

その後は、彼から連絡がくることが増えて仕事の愚痴や不満、思い出話や失敗談などを話しているうちに距離がグンと縮まって「会おう」といわれるまでにそれほど時間はかかっていません。

聞き上手に徹していたのと、彼に好意を寄せていることを薄っすら気づいてもらえるような発言もしていたので、再会した時は交際の始まりでした。心の隙間を埋めてくれる相手には弱いみたいですよ。

遠距離で付き合う前の脈あり脈なしの判断基準は、連絡頻度で決まる!

付き合っていない遠距離の男性からの脈ありサインに気づく方法は、連絡が多くあるかどうかです。やり取りが長く続くかどうかです。

相手から質問があるかどうかです。興味がなかったら、質問はしてこないからです。好きでなければ、やり取りも続きません。

会話はすぐに終わり、スタンプで終わります。自分の話もあまりしてきません。自分の話を自己開示してくる、深い話をしてくるようなら、あなたに知ってもらいたいからです。

好きになってもらいたいし、興味を持ってもらいたいし、振り向いてもらいたいからです。なので、毎日やりとりをしているとか、よくメールが来るなどであれば、間違いなく、好意を持ってくれています。

でも、あまり連絡が来ないようなら、残念ながら、脈は薄いといえます。振り向いてもらうには、やはりポジティブな会話をすることでしょう。相手のテンションが上がる会話を心掛けることです。相手をやる気にさせることができれば、うまくいきます。

まとめ

遠距離で付き合う前や好きな人と遠距離で成就する方法など、9個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる