彼氏から遠距離恋愛で連絡頻度が減った原因と対処法10選!遠距離で彼氏から連絡来ない解決策から遠距離でのラインの頻度まで紹介

  • URLをコピーしました!

彼氏から遠距離恋愛で連絡頻度が減った原因と対処法など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

社会人の遠距離恋愛の連絡頻度が減った理由と対処法を紹介!

彼氏と遠距離恋愛で連絡頻度が減った理由は、お互い仕事などでどこかすれ違ってしまっていたところがあるのかなと思います。

遠距離だとなかなか会えないからこそ、連絡頻度がかなり大切になってきます。毎日連絡をとるなどお互いにルールなどを決めていたけど、いつの間にか約束も破っていたりと雰囲気もあまりよくない感じも理由かなと思います。

対処法は1週間に1回は電話することがおすすめです。LINEだけだとだんだん会話のやりとりが減ってきたりして、どんな会話をしたらいいのかわからなくなる人もいます。

なので無理にLINEを続けるくらいだったら、お互いに週1は電話しようと決めてちゃんと話すことがベストです。電話だと相手の声もわかるし、楽しそうとか退屈そうとかわかったりもします。なのでLINEよりは電話を重視した方がいいです。

失敗談はお互いすれ違ったままが当たり前になって、いつの間にか自然消滅とか音信不通などもあるので、しっかり話すことがおすすめです。

彼氏が遠距離で連絡しない、冷める場合の解決策はコレ!

付き合っていた彼氏と連絡頻度が減ったことがあります。付き合って三年目遠距離をして二年目の事でした。遠距離一年目の時は毎日10階回以上は連絡を取り合っていました。

しかし、二年目になるとお互い慣れもあるのかだんだんと連絡が減っていき朝と夜だけになることが多かったです。毎日していた電話も減っていきました。彼氏は仕事が忙しそうだったので仕方がないかなぁと思っていました。

しかし彼氏は仕事が休みの日でもあまり連絡をくれませんでした。だんだんとめんどくさがられているように感じました。私は彼氏の事が大好きだったのでこのままではいけない!と思い彼氏に自分の思いを伝えてみることにしました。

「最近、前より連絡が減っていてさみしい。でも仕事の事は応援してるし自分が負担にはなりたくない。せめて休みの日は連絡が欲しい。少しでいいから努力をしてほしい。私は○○の事が大好きだから」と伝えると、

彼は謝ってくれて前より連絡も増え前より大事にしてくれるようになりました。

遠距離でラインで話すことないならコレを試して!話すネタのストック方法とは?

20代の頃、相手の仕事の都合で半年間程遠距離恋愛をしていました。お互い社会人で平日は仕事がある為、日中は連絡もてあまり出来ずにいました。

遠距離が始まってすぐの頃は、遠距離と思うと寂しく感じて夜に電話をしたり、割と毎日くらい頻繁に連絡をしていたのですが、直接会ったりしていない為、共通の話題が乏しくなり話すネタが無くなってきました。

そこで、対処法として少し話をしない日を作ってみようと思い、連絡頻度を少なくしました。

週に2~3回にとどめると、自然と「あっ!これ今度話したい!」というエピソードが出てきて、それを2~3日ストックしておきました。

本当はすぐに話したい小ネタとかもあったのですが、それをその日に小出しで言ってしまうと、小ネタが続いてはすぐにネタ切れを起こしてしまうので我慢。

そうすると、話したいネタが増えて、次に電話した時に「やっと話せる!」とテンションも上がる為、盛り上がり楽しく話が出来ました、

そして、盛り上がると会いたくなるもので、お互いに同じタイミングで連休が取れた時を狙って遠距離デートをしていました。遠距離の合間に知らない土地でデートすると、何だか新鮮で良かったです。

遠距離で連絡頻度が減っても、遠距離恋愛を続けられる秘訣を紹介します!

彼氏と遠距離恋愛で連絡頻度が減ることは時々あります。

どちらか、もしくはお互いに仕事やプライベートで忙しい時期だったりが多いです。LINEしても既読スルーが何日か続いてしまうと、LINEするのをやめてしまい、数週間や数ヶ月経ってしまうことがあります。

心配や不安ですけど、またスルーされると落ち込んでしまうので、連絡しない時期だと割り切ります。

そして、どちらからというわけでもなく、「元気?」とLINEすると、復活します。

私からだと返信来るときと、来ない時があるので返信がない時は、まだ余裕がない状況なのか、そうしたくない時期かもしれないと考えて、待ちます。

彼から連絡きた場合は、嬉しいので「待ってたよ」とか「心配してたよ」と返します。疑いたくはないので、そういうことには触れずに連絡しますね。

例え、そうだとして問い詰めても上手くいかないので、我慢というか、割り切るというか考えないようにします。自分がちゃんと大切に思われてる自信を持って、連絡頻度が減っても、今はそうしたほうがいい時期と考え方を変えてネガティブにならないようにしています。

遠距離ですけど、遠すぎず近すぎずに連絡を続ける努力をしてます。会えなくても、遠距離恋愛は続けられる秘訣になってるかと思います。

遠距離で連絡頻度が忙しくて減った対処法!返信なしの連絡をOKにしよう。

彼が就職のタイミングで遠距離恋愛になりました。2人とも社会人になって忙しくなったこともあり、連絡頻度は激減しました。また運が悪い事に、休日が全然違いました。

私が平日休みだったので、休日に会うなど出来ませんでした。さらに、連絡するにも、彼の出勤時間と私の出勤時間は全然違っていて、生活リズムも違うので、お互い遠慮気味になりました。

自然消滅になってしまうのかなと、不安になることもしばしばありました。あまりにも寂しい気持ちが強くなったので、遠慮せずに寂しいから早く会いたいと素直にメールしてみました。

そしたら、夜行バスで会いに来てくれました。重いと思われないかなとか、ウザく思われないかなと送るまでは悩んでいましたが、ちゃんと本音を送って良かったです。

それからは、返信のいらない内容のメールを送るようになりました。そうすると、お互いメールをすることに遠慮することがなくなりました。結局、その遠距離恋愛は1年も我慢できませんでした。

私が退職して、そのまま結婚することになりました。お互い離れているからこそ、相手の大切さを痛感出来たんだと思います。2人で一緒に乗り越えられました。

距離連絡少ないけど、ラブラブに戻った秘訣とは?

実際に私が大学生の時、遠距離恋愛を経験したことがあります。その当時、彼は社会人でした。

遠距離恋愛となると、会いたいと思った時にすぐ会えるわけではないので、連絡は毎日取り合うようにしていました。毎日寝る前に電話もしていました。しかし、月日が経つごとに連絡頻度が減り、電話の時間も短くなっていきました。

彼は仕事をしているし、疲れたのかな?くらいにしか思っていませんでしたが、やはり心の中ではもっと連絡を取り合いたいと思う自分もいました。

私はモヤモヤしたまま過ごすのが嫌だったので、彼に正直に聞き、自分の思いも伝えてみました。すると彼も正直に自分の思いを伝えてくれました。

仕事が忙しくて中々連絡ができなかったり、疲れて帰ってきてゆっくりしたい気持ちもあるけれど、今日も電話しなきゃというプレッシャーがあったり、彼の中でも色々な思いがあったようです。

そしてお互い思っていることを正直に話した結果、電話は毎日という決まりではなく、時間があったらする、連絡は少しでもいいから毎日する、という約束を決めました。

お互い気持ちをぶつけたことで、初心に戻ったようにさらにラブラブになりました。

遠距離恋愛でラインが連絡!遠距離でのライン頻度と失敗談を教えます。

当時の彼とは相席居酒屋で知り合って、高速で1時間半くらいの遠距離でした。私は電話が苦手なので、ほとんどLINEのメッセージ交換を1日に1、2通する日々でした。

私は早く付き合いたい!と思ってしまい、先に身体の関係を持ってしまいました。

まだ中身をよく知らないまま相手のいい部分だけみて付き合ってしまったので、メッセージのやりとりをしたり、会ってみたりするうちに、自分とは感覚や内面が合わないかもと思ってしまう事があり、相手もそれがあったように思います。

それから付き合って半年くらいして、私が会社を辞めて転職。彼と付き合った事で価値観が変わり、もう働けないと思ったからです。彼には前職で独立したいとかその時の夢を話した事があったので、口先だけの人だと思われたと思います。

新しい会社の規定で明るく染めていた髪を暗くしたり長さを短くして自分の見た目の印象が変わり、会った時にいやにジロジロ見られて、微妙な反応。その後彼からたまに連絡が返ってこない事が増えました。

彼がこの先に結婚を考えてないなら別れたいと話すと、1ヶ月後くらいに「結婚はないよ」と返され結果別れました。

結局相手の中身をよく知る前に身体の関係を持ってしまうと、思ってたのと違った時、先に身体の関係を持ってしまった後で相手に悪くてなかなか別れられないという状況になります。

それによく知らない相手を信頼してお付き合いするのはリスクが大きいですね。

遠距離で彼氏から連絡が来ない!原因は浮気でした。

私は20歳過ぎてからほとんど実家に帰ることがなくなりました。たまたま集まりがあるので、実家に帰り、集まりに参加しました。そこには、高校ときの3学年の男女がいました。

面識のない後輩や先輩もいました。その中の1人の後輩に「高校生のとき、ずっと好きでした。」と突然告白されました。

その後何度か会って、何度か話すようになって付き合うまでは時間がかからなかったです。

でも私は、電車で2時間離れたところに住んでいました。連絡は電話やメールが主でした。時々、わたしが地元に帰り会っていました。あっちから会いに来ることはありませんでした。それでも仲良しで、いつか私が地元に帰ったら同棲しようとも話していました。

3ヶ月付き合った頃、連絡があまり来なくなりました。お互い仕事が忙しい時期だったので、あまり気にしてませんでした。

4ヶ月がすぎた頃、急に別れを告げられました。その頃、共通のSNSをお互いしていたのですが、やたら仲良い女の子が居たので、その子かなと思ってましたが、悲しくも当たってました。浮気をされていたのです。

噂に疎い私。地元では有名な浮気性でした。直ぐにその女の子とも破局。

その女の子と、浮気がわかった時謝罪をされていたので、その子と仲良くなり、今ではお互い結婚して幸せにしているので、友達が1人増えたと思えばそれはそれでよかったかなと思えます。

遠距離恋愛で連絡少なくなる2つのパターン!この2パターンを解決すればOK

遠距離恋愛は連絡頻度がとても重要です。距離が離れている分心理的な距離はラインなどの文章での連絡や電話などの声をきくことで埋めるのが鉄則です。

しかし、遠距離恋愛の時間が長いと、毎日密に連絡を取ることがだんだん億劫になることも多々ありますね。特に男性は元々不要な連絡を取りたいと思わない人も多いことから時間の経過とともに連絡頻度が減っていく人もいます。

これは2パターンあり、彼女に安心感があり連絡をせずともお互い通じ合ってると思ってるパターンと彼女への気持ちが薄れ、連絡を取ることをしないパターンです。

前者と後者、両方に言えることですが、遠距離恋愛での不安や不満は貯めこまず正直に伝えるべきだと考えます。これは、お互い思ってることをため込むことでいつしか二人の間に壁ができ、すれ違いにつながるからです。

すれ違いがあることは何もメリットがありません。お互いがお互いに思いやりをもって気持ちを伝えられることが遠距離恋愛でとても重要です。

遠距離で彼氏から連絡減ったなら、女性側にも原因がないかチェック!その方法とは

彼氏が遠距離で、連絡頻度が減った場合は、あなたがそうしている原因になります。何か幻滅する言動をしなかったでしょうか?

または、女性らしくない言動をしなかったでしょうか?男性は、女性を感じさせないと、やはり同性として見ることになります。そういった相手を好きになることはありません。

異性として感じることができるから、好きになり、付き合うんです。男っぽいん言動をしませんでしたか?人として、嫌われることをしませんでしたか?

そうしたことがないなら、連絡が減ることはないと思います。もしくは、当たり前になりすぎて、感謝することをお互いに辞めてしまったかです。

感謝を忘れると、お互いに会話が減り、愛情がなくなっていきます。感謝をして、ラブラブでいられないことはないんです。

感謝をこれからしてみましょう。「今までごめんね。当たり前になりすぎて、感謝を忘れていたけど、いつも感謝してるよ」と伝えていけば、またよりを戻せます。

まとめ

遠距離で彼氏から連絡来ない解決策から遠距離でのラインの頻度など、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる