彼氏の愛情表現がすごい体験談から言葉にしない彼氏まで紹介!彼氏の愛情表現が多い場合から少ない場合、ストレートな愛情表現まで紹介

  • URLをコピーしました!

彼氏の愛情表現がすごい体験談から言葉にしない彼氏など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

彼氏の愛情表現がすごい!デートの時など最低10個は褒めてくれました。

学生の頃、イタリア人とお付き合いしました。情熱の国出身であることに加えて、彼は文系でイタリア古典文学にとても詳しい人だったので、それは色々と甘い言葉を言われました。

私がイタリア語が分からないので、会話は日本語、メールはだいたい英語、という感じで意思疎通を図っていましたが、いちばん酷い時には毎日のように愛の詩(自作だったり、古典の詩だったり、今の歌だったり)がメールで届きました。

あるいはボードレールの詩集を急に贈られたり(「私さんへ贈る」と書いてあるから売ることができない)、デートの時に真っ赤な薔薇の花束を持ってきた(ひたすら邪魔)こともありました。

もちろん欧米の男性なのでふつうにレディーファーストでしたし。

息をするかのように愛の言葉を言う彼は、日本人マインドの私にとっては多少うっとおしい所はありますが、見ていて面白い人でした。

あまりに色々言われ過ぎて、最後の頃は一つ一つの言葉が軽く感じてしまったのは残念ですが、根本に「女性は褒めるものだ」という意識があるのか、デートの時など最低10個は褒めてくれたので楽しい思いもたくさんしました。

彼氏の愛情表現がストレートに!どんどん愛情表現の種類が増えた理由とは?

お付き合いしはじめの頃、夫は一般的な愛情表現がほぼできない人でした。

付き合った当時は遠距離で、LINEでコミュニケーションしていたものの、文面も業務連絡のような感じだし、こっちが可愛い「すき!」というスタンプ送ってもスルーだし。

遊びに来た時も手も繋がない、そんな奴でした。私が引っ越して同じ市内に住むようになってからも、まるで姉弟で観光しているような感じではありました。

ですがよそよそしかったわけでもなく、黙っていても荷物持ってくれたりとか、車道側歩いてくれたり、LINEも文面は固いですが誠実な返事をくれたりなど、行動の端々から「大事に扱っている」という様子はみてとれました。

おそらく、夫は子供の頃から武道をしていたのと、父親が固い職業だというのがあり、あまり愛情表現のバリエーションを知らなかった・知っていても「恥ずかしい」が先に立って出来なかった、という状態なのだと思います。

お付き合いが進むにつれ、私の真似をしたり、(たぶん)本や漫画、Webで勉強したりして、どんどん愛情表現の種類が増えていきました。

結婚した今では、夫は唐突に「だいすき」と言ってきたり、私が自宅で作業をしているとくっついてきたりします。レディーファースト(というか私ファースト)も日々磨きがかかっていて、日々甘やかされている今日この頃です。

彼氏の愛がすごい!愛情表現が多い彼氏の特徴とは?

私には同い年の愛情表現のとても多い彼氏がいます。まず、愛情表現の多い彼氏の特徴だと感じたのが寂しがりやなことだと感じています。

同じ部屋に常にいたがり、彼の視界に私が映っていなければ私の名を呼びます。それととてもマメな人が多いと感じました。

LINEの返信は早く、現在同棲しているのですが仕事が遅くなると必ず事前に連絡を入れてくれます。とにかく、触れ合うとこが好きで常に同じ部屋にいる、お風呂にまでついてくるといった感じです。

愛情表現に乏しい方は、良くも悪くも自立しており自分の時間を大切にしている方であると思っております。そんな愛情深い彼氏にされて嬉しかった愛情表現はこれといって特別なものはないのですが、

毎日愛していると伝えてくれ、出勤時はキスをして送り出してくれ、最近では私の手を取り、婚約指輪にキスをしてくれます。

すごく海外的な愛情表現ですが私自身ロマンチストなためとても嬉しく感じています。私からの愛情表現への応え方は、食事を奢ってくれたり、以前から欲しがっていたものを買ってくれたり、何かとお金を出したがるように感じます。

とにかく、愛情深い彼氏は少女漫画的な女の子の憧れを叶えてくれる素敵な存在だと思います。

言葉にしない彼氏、愛情表現が少ない彼氏に愛情を一番感じるときとは?

私が職場で出会った彼は恋愛表現が極端に少ない人でした。

職場でも顔を合わせたら「おはようございます。」デートでも待ち合わせに現れて「おはようございます。」職場とプライベートで態度が全く変わらないような人でした。

「この人って、何を考えて私と会っているのかな?」そんな疑問を感じながら、彼からお誘いを受けたカフェでお茶を飲む彼の姿を眺めていました。

時折こちらの方を見ては意味もなく微笑む彼の顔を見ると、私のことが好きなことは何となく伝わりました。何よりも、彼の愛情表現として1番良かったと思うのは手紙です。

半年に一度程度の頻度で意味もなく渡される手紙。そこには「~をして楽しかった。」「~をして驚いた。」等、普段感情を表に出さない彼のデートでの思い。

そして、「好き」や「いつもありがとう」等、照れくさくて言えないことが書かれています。普段この人が愛情表現や感情表現をあまりしないのは、それが苦手だから。

時折見せる彼の想いや笑顔に触れる瞬間こそ、彼の愛情を1番感じる時です。

彼氏の愛情表現少ないけど、行動で示してくれるパターンを公開します!

彼氏の愛情表現は、あまりというか、言葉では直接言ってくれない人です。女性側からすると言葉にしてほしいんですけどね。

シャイなのかなと考えてます。その変わりに特徴として、行動では示してくれます。

レディファーストで接してくれたり。例えば、彼が歩道側を歩くとか お店では奥や壁際に座らせてくれるとかです。愛情表現としては言葉は少なく、行動では多い感じでしょうか。2人でいる時のコミュニケーションは密に接してくれます。

必ず手を繋いでくれるし、人前でも平気でキスしてくるぐらいなので、ちょっと恥ずかしいのですが、嬉しいのでそれに応えます。

でも、やっぱり言葉で聞きたいという気持ちはあるので、LINEで「どう思ってるの?」と聞いたことがありました。

遠距離だったので「遠距離愛かな」と返ってきました。直接 口で言われたわけではないけど、嬉しかったです。キュンキュンしました。

彼なりに頑張って伝えてくれたと感じたので。本音はやっぱりちゃんと言ってほしいですけど、愛情表現はあるし、大切に思ってくれているのはわかっているので、それだけで幸せです。

彼が言いたくなったら、言うかもしれないし、ぐらいの待ちの姿勢でいます。

彼氏の愛情表現が少ないのは、恥ずかしがりやが理由!彼のさりげない優しさとは?

私が付き合う人は、だいたい恥ずかしがりやでクール。愛情表現が苦手な人が多いです。

私も、恥ずかしいので自ら甘えたりできる方ではありません。彼も、記念日に何か祝うとか…言葉に出しての表現をしてくれない事が多いです。私も、どちらかというとそのタイプです。

たまに愛されてるの?なんって思ってしまう時があって不安になったりします。

だけどそれ以上に、歩道を歩いている時 道路側を歩くと危ないからっと左側を歩かされたり、荷物が重いと持ってくれたり、さりげない優しさが本当にうれしかったです。

頑張ったときなんかには、頭をポンっと触ってくれる。愛情表現は、苦手な彼だけど…たくさん愛されているなって実感していました。

恥ずかしがりやの彼なので、たまにの優しさ感じられた時は 私も抱き着いたり、手を握ったり、甘えていました。普段は、恥ずかしくって自らできませんが…彼の優しさが、感じられた時だけは うれしいので 私もいっぱい彼に甘えていました。

二人とも似た者同士ですが、彼のさりげない優しさに甘えて応じるという感じでバランスをとっていたので長く仲良くできたと思います。

愛情表現多い彼氏の特徴 VS 愛情表現少ない彼氏の特徴を全て公開!

私がお付き合いした彼氏には、愛情表現が多い人・少ない人が半数ずついました。愛情表現が多い彼氏の特徴としては、基本的にこまめに連絡をくれ、私からの何気ないメールも面倒臭がらずに返してくれていました。

また、電話すると世間話にも付き合ってくれ、長電話も苦にならず相手してくれていました。基本的にスキンシップが多めで、こちらが「もういいよ!」と思ってしまうくらい会うたびにボディタッチされていました。

一方、愛情表現が少ない彼氏の特徴としては、すぐに返せるメールでも翌日に返したり、既読無視されることが多かった印象です。メールも電話も基本的に要件だけのやりとりで、世間話をしたことはほとんどありませんでした。

デートの際も彼氏側からスキンシップをとってくることはほぼなく、デートで予定していた場所以外は寄り道せずにすぐ帰るのが当たり前でした。

その点、愛情表現が多い彼氏は、予定していた場所以外にも内緒でデートスポットを調べてくれていて、私が喜ぶことを優先してくれていたのが嬉しい思い出です。

彼氏の愛情表現を待つススメ!「ツンデレ」の方が燃費が良い。

男性は愛情表現の多い人と少ない人それぞれタイプが分かれますが、これは好みの問題で、どちらが良い悪いはありません。

女性は男性から愛情表現を多くされたいと願う人が多いかもしれませんが、ドラマや漫画の主人公を思い出してみて下さい。

普段ぶっきらぼうな彼がたまに見せる優しさ、いわゆる「ツンデレ」にキュンキュンしませんか?常に甘い言葉を投げかけるキャラの方がサブキャラのことが多いです。

例えば、普段は女性が好意を表してもガン無視する男性が、酔っ払った時に、女性の頭をよしよしと撫でてくれただけで嬉しさを感じますよね。これは普段から愛情表現が多彩な人がしてもあまり感動はありません。

つまり、「ツンデレ」の方が燃費が良いのです(笑)また、「ツンデレ」だからといって、女性からの愛情表現が嫌いとは限りません。女性の素直な行動を喜びつつ、自分は恥ずかしくて答えることができない男性も多いのです。

めげずに愛情表現を続けてみましょう。そして、たまには酔わせて、彼からの愛情表現を待ちましょう。

彼氏に愛情表現をしてもらうには、自分が彼氏にたくさん愛情表現をすること!

彼氏の愛情表現についてですが、彼氏が愛情表現してくれないといった悩みは多いと思います。多いに越したことはないですよね。

多くてうざい、と思うことがある人はいるかもしれませんが、その場合は、相性が悪かったとわかれればいいだけです。この場合は、相手の彼氏のことを好きでなく、もう幻滅して嫌いになっていると思うので、別れるのに悩む必要はないでしょう。

でも、愛情表現が少ない場合は、好きなのにつらい、と思うことはあるかもしれませんよね。その場合は、好きだからなかなか別れる決心がつかないと思います。

彼氏に愛情表現をしてもらうには、まず自分が彼氏にたくさん愛情表現をしてあげることです。自分はこうされたいんだよ、と伝えて、知ってもらうことです。

初めは、うるさいな、と思っていた彼氏も、だんだん慣れて、付き合ってくれるようになるかもしれません。愛情表現が少ない彼氏は、ただ単に、愛情表現の仕方を知らないだけなんです。どう表現したらいいのかを教えてあげましょう。

彼氏の愛情表現が多すぎる?会うたびに「好きだ」と言ってくれる!

私が今までお付き合いした男性は、どちらかというと愛情表現が少ない人が多かったです。しかし、1人だけ愛情表現が多かった人がいました。

高校生の時にお付き合いした同級生だったのですが、会うたびに「好きだ」というくらい愛情表現が多かったです。

最初は嬉しかったのですが、会うたびに好きと言われるのがだんだん苦痛になってきました。何度か止めてほしいと彼に伝えましたが、聞き入れてくれませんでした。数か月後に会うたびに好きだと言わなくなったと思っていたら、フラれてしまうという苦い思い出があります。

愛情表現の多さでどれくらいがいいかというのは、完全に好みだと思います。ですが、私は適度に愛情表現は必要だと思います。そう思うのは、夫の影響かもしれません。

交際していた時から現在に至るまでの話ですが、夫は適度に愛情表現をしてくれるからです。そこで、私がとても嬉しかった愛情表現をお伝えしたいと思います。

それは出会ってもうすぐ3年経つという時の話です。よく恋愛感情は3年しか持たないという噂を耳にしていた私は、夫の愛情が消えてしまうのでは?と不安でした。そんな時、夫はこう言ってくれました。

「愛情が枯れるなら、また新しい愛情を見つければいい。人の長所はたくさんあるのだから」と。この言葉は今でも忘れられません。

まとめ

彼氏の愛情表現が多い場合から少ない場合、ストレートな愛情表現まで紹介など、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる