脈ありかわかる!好きな人を見る目つきや男性の好意ある目つき、好きな人と目が合う目線でわかる恋愛心理とは

  • URLをコピーしました!

脈ありかわかる!好きな人を見る目つきから男性の好意ある目つきなど、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する4個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

男性の好きな人を見る目つき、脈ありを判断する基準とは

好きな人には目が行きやすい、目が合いやすいのは人間の心理です。

脈のない男性は基本的にこちらを見ようともしませんし、目の前のスマホを見てこちらの顔を一切見ません。

脈ある男性の中には相手を遊び相手程度に見ている人も混在します。

遊び相手として、興味を持って女性を見ている男性の目は、気持ち悪さを感じます。

へらへら笑い、常に目が垂れ下がったようになっている、デレデレしたような、妙な感覚。

女性からは「変な人。」と思われるので、簡単に見分けがつきやすいのも特徴です。

真剣にこの人のことを大事にしたいと思って見ている脈あり男性の目は、真剣さがあります。

目の奥に鋭さや光を感じるような、かつちょっと照れたような雰囲気もあるような目つき、表情です。

積極的に目を合わせようとするだけでなく、積極的に話しかけようとするので、態度でも明らかです。

好きな人と目が合うことは恥ずかしいことですが、少し冷静な気持ちで彼の様子を客観視することも大事。

「まったくこっちを見ようともしないな。」「見てるけど、なんとなく気持ち悪い目つきだな。」「すごく真剣そうだな。」

自分が感じたことが相手の脈あり、気持ちを判断する基準になります。

好きな人が脈ありだと分かればアプローチもしやすくなるので、まずは男性の目つきを観察することが第一歩です。

好きな人と目が合う、目線でわかる恋愛心理や恋愛心理の視線

食事会で同席した際に、自分がよく似ているといわれる芸能人のことが好きと、聞いてもいないのに発言してきた。

特に会話をしていないのに、良く目があいました。

これは脈があるかもしれない…とおもい、自分の癖や、性格を世間話程度に話をしました。

するとその男性が「そういう女性好きだな」とか「そういう癖かわいい」と、遠回しに好意があるような発言をされました。

これは、脈ありと判断してもいいかもしれないなとおもいましたが、単純に遊びの可能性もあったので、その後、個人的に食事に誘われましたが、様子見という感じで、徐々に距離を縮めていき、デート3回目で、正式に交際を申し込まれました。

脈があると感じてからは、ラインでのやり取りで意識したのは「彼氏が欲しい」とか「週末は一人でのんびりするのもすきだけど、そろそろ誰かとお出かけしたい」など、デートをイメージできるような発言を意識していました。

なるべく相手が告白しやすいように、「お付き合いをするならば、ちゃんと言葉にしてほしいタイプです」など、自分の意思表示もしっかりしていました。

相手も様子見な部分があると思うので、なるべく好意を表しつつも、決定的なことは言わないようにし、最終的な判断は相手に任せるという感じのほうが、うまくいくのではないかと思います。

見てない時に見てくる男性、話したことないがよく目が合う男性は草食系

大体大人になるとわかると思いますが、なんとなく視線があったりとか、自分から喋りかけてきてくれる子は脈ありと判断してもいいと思います。

特に、何度も視線が会う子は高い確率で自分に好意を持ってくれている子だと思いますよ。ただ、その後、中々喋りかけてきてくれない男の子だったらあんまりオススメしないかな。草食系男子の可能性がたかいです。

もちろん草食系男子でもいける人もいてますが、そんなけ目が合っているのに、喋りかけてこないなんてそれだけの男なんですよ。男の子で好きな子に告白はおろか、声をかけることもできない男の人をあなたは好きになれますか??

もちろん、思春期の学生さんとかだったらそんなこともあるとは思うんですが、社会人くらいの年齢の子でそういう反応の子はちょっとね。まあ、やたら目が合う子で自分でも好きなタイプの子がいるとしたら、その場合は自分から話しかけてもいいとおもいますよ。

もしくは、目が合うたびにニコッとほほえんであげるのもいいと思います。これ以外に日本人はと苦手な人多いんですよね。外国人さんはよくされます。男性サイドからしたら普段されないアクションだからキュンってくる子と思うんでオススメです。

好きな人を見つめると、話したことない人でも脈ありに!

世間一般的にいわれているように、上目遣いでお話していたようです。第三者と相手方からは非常にわかるような態度になっていたそうです。

自分では気づきませんでした。同郷の人を好きになったときは、写真を一緒に撮って良いですか?とか、バレンタインデーにはチョコを渡しに行ったりしました。ただ、24、25歳の頃でしたので、片思いでも幸せでしたね。

その方は会社は違えど同業者でした。その人がお仕事を辞めるという事から送別会があり、二次会に行く途中の道中、他にも人がいたのに、彼は私の手を握ってきたのです。

無茶苦茶うれしかったのですが、恥ずかしさを隠すために、もう一人同業者の女性の方もいらっしゃたので、その方に彼の反対側の手をつないでもらいました。で三人で仲良く2次会会場まで歩きました。

会場に到着してそれぞれ握っていた手を放し席に着きました。彼はその日の主役でしたので真ん中に座りました。私は離れたところに座りました。

私はカメラでみんなを撮ってるふりをして主に彼の写真を必死になって撮っていました。出来上がった写真はもちろん彼のものが多く私の手元に多く残し、他の人が写っている写真をそれぞれの人に渡しました。

彼とのツーショット写真はその当時、お部屋に飾り。お気に入りの写真でした。

その2次会後それぞれ帰宅し終了しました。彼との発展もなかったですが、彼が同級生と結婚したというお話を風の噂に聞きました。送別会の際に手をつないできてくれたことが最高の思いです。

まとめ

脈ありかわかる!好きな人を見る目つきから男性の好意ある目つきなど、4個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる