会えないから冷める、好きな人になかなか会えない対処法6選!2週間~1ヶ月会わない期間の男性心理や会いたいのに会えない対応法も紹介

  • URLをコピーしました!

2 週間から1ヶ月会えないから冷めた経験や好きな人になかなか会えない対処法まで、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する6個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

好きな人になかなか会えないときの切り札とは?彼氏と会えない、冷める前にやるべきこと!

好きな人となかなか会えないとき、彼が一人暮らしなら、生活サポートをしに行きましょう。

会う時間がないということは、仕事などに追われていることが想像できます。仕事ばかりだと、洗濯や掃除など家のことも疎かになりがちです。そこで彼女であるあなたがサポートすることで、彼に対する愛情を伝えましょう。

彼に了解が取れているなら、彼が不在の時間に行くのもアリです。私は以前、彼になかなか会えず、2ヶ月で冷めてしまいそうになりました。そんなとき、「掃除が全然できない」「洗濯物が溜まっている」という彼の叫びを聞きました。

すぐに「私がやってあげるよ」と言い、家に行きました。私は仕事終わりの19時頃に彼の家に行き、一通り家事を済ませます。夕食を作って彼の帰りを待ち、21時頃帰宅した彼と一緒に食事を取ります。

彼のサポートをすることができ、外でのデートではありませんが、彼と会う時間を取ることができます。会うと一言で言っても、外でのデートばかりではありません。彼の自宅でサポートすることも、手ではないでしょうか。

遠距離で1ヶ月会えない冷めるのは当たり前!コツは、定期的に無理やりでも◯◯すること

遠距離恋愛になった時があって、なかなか疎遠になってしまって、私個人はそこまでさめてなかったんですが、相手がラインとか返してくれなかった時にさめたことありますね。

「あーあんまり自分に興味ないんだなぁ」ってなっちゃいました。恋愛に距離は関係ないとかいいますが、相手に会えば会う程好感度ってますんで、やっぱりよっぽど彼のことが好きでない限りは結構つらかったですね。

半年合わなかったらもう何のためにつきあっているのかわからんかんじです。冷めない為のコツは正直ほとんどないですよ。連絡とりあうとか、定期的に無理やりでも時間取ってあうことです。

これができなくなると、もうちょっとつらいかな。やっぱり会うことが一番ですからね。それができなくなったときや時間が取れないとなったときはもう、完全に冷めている証拠です。

遠距離とかあまり会えないならそこを何とかするのも恋愛の醍醐味なんでわすれないほしいですね。

好きな人と会えないで冷める!距離を置くとわかることがあるので試して欲しい

大学時代の話になりますが、入学まもなくして一学年上の男性とお付き合いすることになりました。何となく気が合って、そのままだらだら、半同棲状態で付き合いを続けて行きました。

やがて、その彼が就職活動で地元へ暫く戻ることになり、二人夫婦かのようなべったりの生活、一旦終了することになりました。その時、私は寂しくなると思いきや、自由を手に入れたような開放感で一杯になり、私の彼への想いは作り物だったのだと気づかされました。

確かに、べったり、いつも一緒の時期は、気持ちが冷めそうな自分の心を疑うかのように、彼のいい面を一生懸命探そうとしたり、中身よりも服装や身に着けている物で恰好良く見える事もあったので、その点をクローズアップするかのようにして、彼を出来るだけイイ風に捉える努力もしていました。

離れてみて、本当は気持ちはとっくの昔に気持ちが冷めていたことに気付けて、もちろんそのまま、私の方からお別れを切り出して行きました。

結局、相手が就職靴道を迎える時期、つまり付き合って丸二年で冷めたという事になるようで違ってたのでした。実はもっと早い内で、今振り返ると実は付き合い始めて一か月ほどで私は何となく、そんなに好きじゃない感覚があった記憶もあります。

なにせ、一つ上だから何となくお兄さん的で、カッコイイという浅はかな気持ちで付き合い始めたのですから、若い頃の私は適当だった様子です。

2 週間会えないだけで冷める私でも、相手に追わせるようにする成功パターンを紹介

私は熱しやすく冷めやすいタイプで、会えない期間や接点がない期間が長くなるとわりと早く冷めてしまいます。1週間くらいはヤキモキする程度ですが、2週間~3週間もするとどうでもよくなってしまいます。

好きな人に会えない期間、自分の気持ちを冷めないようにするために、友達と恋バナをしていました。友達とお互いに好きな人の話をすることで、やっぱり好き?!とトキメキを復活させていました。

相手に冷められてしまわないためには、ある程度の距離感を保つことを意識していました。私はどちらかと言うと、頻繁に連絡をとったり会ったりしたいタイプですが、男性によっては窮屈に感じる方もいます。

なので相手の連絡頻度に合わせ、基本的に相手からの連絡を待つくらいの気持ちでいました。連絡が来るまでの期間は、自分の趣味を充実させたり、仕事に打ち込んだり、旅行をしたりと、とにかく私生活を充実させます。

そして相手から連絡が来た時に、貴方といない時間もめちゃくちゃ楽しいです!!忙しいです!!の感じがさりげなく伝わるようにしていました。相手に追わせるようにすることで、関係が冷めにくくなるのかなと思います。

プチ遠距離してわかったこと!好きな人に会えないで冷める前に冷静になって下さい

プチ遠距離の彼と交際していた時のことです。

電車で2時間ほどかかる場所に住んでいたので、そう簡単には会いに行きにくい相手で、仕事上県をまたいで色んなところへ行っている多忙な人だったので、基本的に私が彼の状況に合わせて生活をしていました。

しかし、そうそうお互いの都合が合う日がなく、こちらにも都合がありますし、月に1回会えたらいい方だったんです。そんな関係で、3ヶ月近く会えない状態が続いたことがあったのですが、ふと思ったんです。なんで私ばっかりこんなに長時間電車に乗って、彼の状況に合わせてるんだろうと。

しかも、そんなに合わせているのに、3ヶ月も会えないってどういうこと?と冷静に考え直してみました。彼もいくら忙しかろうが、本当に私を大事に思ってくれているのであれば、彼も会えるように努力したり、会えない分、連絡をくれるとかしても良いんじゃないかと。

そう考えると、これって私、全然大事にされてないよねということに気づき、限界でした。相当な遠距離や、相手が踏ん張り時・勝負時でもないのに、長期間会えないような場合は、我慢する必要もないと思います。

自分と価値観・会う頻度の理想などが合う人と付き合う方が、きっと楽しくいられると思います。

二人の中での約束事を決める!会いたいのに会えないけど冷めない方法とは?

一時期お互い仕事が忙しくなり、会いたいけど会えないと言う期間がありました。

最初は、お互い何とかタイミングをあわせて、電話などの連絡を取る頻度を出来るだけ密にしたりと努力していましたが、疲労もたまり、なかなかお互いを相手にすることにも疲れがたまってきていました。

お互い負担に感じないように、連絡頻度も下げて無理に会おうと予定を確認したりせずに、余裕があるときにちゃんとしようとなりました。

どちらかが落ち着いても、片方は忙しいなどタイミングがなかなかとれない時期が続き、何となく寂しさも馴れて薄れてしまったのか、あいたいという気持ちや好きなのかもわからない気餅になってしまったことがありました。

何となく冷めてきてるんだなと思っていたのですが、別れたい訳ではなかったため、連絡する頻度を上げてお互いの近況報告やこれからの事を話し合ってそろそろお互い時間が合いそうとなったときに、やっと数ヶ月ぶりに会いました。

会っていなかった期間のお互いの気持ちなどを話し、これからはお互い違和感を感じた時点できちんと話すこと、連絡も気がついたそのときに出来るだけ返したり、少しでも時間があるときは5分でも電話するなど、二人の中での約束事を決めました。

その後も、多忙でタイミングが取れないことがなんどかありましたが、約束したことをお互いに意識しているおかげなのか会えない期間が空いても冷めてしまうと言うことはなくなりました。

まとめ

会わない期間の男性心理や会いたいのに会えないときの対応など、6個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる