彼氏愛情表現ストレートで彼氏の愛情表現がすごい体験談7選!愛情表現の言葉で最上級や彼氏の愛がすごいと感じたエピソードを紹介

  • URLをコピーしました!

彼氏愛情表現ストレートで彼氏の愛情表現がすごい体験談など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する7個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

彼氏の愛情表現がすごいと1番感じたお話です。彼氏愛がすごい!

彼氏の愛情がすごいと思った人のお話です。その人とは3年ほど付き合っていた事もあり、将来は結婚するのかな?と感じていた人でした。

連絡がマメだったり、私が言ってほしいタイミングで、言ってほしい事を言ってくれたりする、私の事を常によく見ていてくれるとても空気の読める人でした。

その中でも特に愛情を感じたことは、私が小さい手術ですが数日入院することになったとき、彼氏が私の両親に電話してくれて、僕がついているので大丈夫です。何日と何日の何時頃に病院にいます。

などさながら夫のような立場で両親に説明をしてくれ安心させてくれたことです。

また就職して賃貸契約したときも着いてきてくれて、家賃交渉をしてくれたり、契約後も両親に電話してくれて、このような治安でこのような物件に○○(私)さんは住みますのでご安心ください。と丁寧に説明してくれました。

その時に、彼からの愛情がすごいと感じました。結局その人とはお別れしてしまったのですがダントツで愛情表現は上手だったと思います。

彼氏の愛情表現がストレートすぎて困った体験談を告白!サプライズにびっくりしました。

同棲している彼が会社の同僚と初めて海外旅行に行くことになった時の話です。

1週間の旅行の予定で、出発の日は私は仕事だったので朝いってらっしゃいと伝えて会社に向かいました。仕事中に彼から行ってくるよ!とLINEが入っていました。

同棲してから何日も会えないのは初めてだったので、寂しいなと思いながら家に帰ると、リビングのテーブルの上に大きなテディベアが座っていました。よく見るとテディベアは手紙を持っていました。

彼が私が寂しくないように出発前に手紙を書いてくれたようでびっくりしたしとても嬉しかったです。

手紙の最後には「冷蔵庫にケーキが置いてあるからこれを食べながら待っててね」と書いてあり、ケーキまで買ってくれたのかと喜んで冷蔵庫を開けると少し大きな箱がありました。

箱を開いてみるとケーキが6個入っていました。気持ちは嬉しいけど多すぎです。

帰国した彼に気持ちはすごく嬉しいけどケーキは1つでいいからね!と伝え、その後はケーキ大量買いをすることはなくなりました。

愛情表現の言葉が最上級!元カレの愛情が凄すぎて別れました。

元カレの愛情が凄すぎて別れたことがあります。元カレからの愛情表現の言葉は、表現をかえて毎日してくれますので、毎日かえて愛情を伝えてくれる言葉の一つ一つが最上級な愛情の言葉だと感じています。

しかし、相手の好意が凄すぎたのです。毎日ラインは当たり前で、1回で1時間は今日したことを報告しなければいけませんでした。

1ヶ月記念日を設けて毎月一方的にプレゼントが用意されていたりとお返しをするのも大変でした。元々キャバクラの客だったので、普通なのかなと思ってしまったのですが、正直重すぎて別れました。

その後、元カレはキャバクラでお気に入りの推しの子を見つけたらしく、通っていましたが正直アイドルヲタみたいで怖かったです。私も尽くしたいタイプだったので、正直性格の不一致で別れたというのが個人の見解でした。

その後も誕生日にはおめでとうラインをくれたりと基本豆でいい人なので、惜しいことをしたなと思うこともありますが、あまりにも細かすぎる人は正直苦手でしたね。

今は普通にそっけない彼氏が出来ましたが、彼氏よりも頻繁に連絡をくれる元カレに少し後ろ髪をひかれてしまいますね。愛情は掛けた分だけ返してくれるから好きらしいです。元カレの言葉です。

彼氏に愛情表現してほしいなら、私の彼氏の愛情表現を見習って!

私の旦那は自分で言うのもなんですが、かなり私のことが好きです。言っていて恥ずかしくなりますが、付き合っている時から結婚した今も変わらず愛をくれます。

束縛がひどいと思う方もいるかもしれませんが、私は彼の愛情が嬉しいです。車のドアは絶対に開けてくれます。私の頼んだことはなにひとつ断りません。

デートにもかなりのお金をかけて、プロポーズはディズニーランドでした。ホテルミラコスタに泊ったのですが、いちばんいいお部屋でした。

誰にも負けたくないとよく彼は言っています。お金で愛情を表すわけではないけど、好きな人に使うお金は惜しまない、そういった考えの持ち主です。

そして男性と関わらないような状況を全力で作ります。スーパーやコンビニに一人で言ってはだめ・服装はスカートはだめなど、こだわりが強いかもしれませんが私はとても嬉しいです。

私もその彼の愛情を嬉しくとらえています。この愛情がなくなったら寂しくて私は耐えられません。大好きな彼が望むことなのでこれからも一生、受け止めて行こうと思っています。

愛情表現の仕方がわからないならコレ!お互いに毎日気持ちを伝え合うススメ

私は元々、好きな相手には「好き」という気持ちを伝えたい人間です。そして付き合うなら自分と同じかそれ以上に「好き」と伝えてくれる人が良いと思っていました。

しかし、いざ毎日彼氏から「好きだよ。」「愛してるよ。」と言われ続けると、何て返事をすればよいか分からず、「ありがとう。」と相手を傷付けないように返事をしていました。そんな中で今の夫と出会い、付き合いました。

付き合い始めた頃から「愛してるよ。」「絶対に結婚する。」と言われ、“この人こんなに重たい人だったのか…”と少し引いてしまうくらい愛情表現をしっかりしてくれる人でした。

ある時、彼が私に「俺のこと好き?」と聞いてきたので、その時も傷付けないようにと思い「付き合ってるんだから当たり前でしょう。」とそっけなく返事をしたら、

「ちゃんと好きって言葉を伝えなきゃ分からないでしょ?俺は好きだし愛してるから毎日言ってるけど〇〇(私)は言われなくなったら寂しくないの?」と言ってきました。

私はその時の彼の言葉に妙に納得しました。

相手がどれだけ自分を想ってくれているかをしっかりと理解すること、そして自分もきちんと気持ちを伝えなくてはいけないという事を彼から教わり、それからお互いに毎日気持ちを伝え合うようにして、現在は夫婦として良好な関係が築けています。

愛情表現豊かな彼女になる秘訣を公開!彼が求めることに全力で応えること

彼の愛情がすごいと感じた状況は、付き合ってすぐの頃で盛り上がってきてたから余計にだと思いますが、住んでいたところが隣の県だったので、いますぐ会いに行くほどではなかったから主に電話のやり取りをしていて、

月に2.3回会えるくらいでした。それでも足りないのか、彼が休みで私が仕事の日でも会いに来るくらいなので、愛情を感じてました。

その3ヶ月後に、彼の異動で遠距離恋愛になりましたが、彼は離れるのが不安だったようで、プロポーズは受けていたのですが、結婚の時期を早めたいと話してきました。

普段デートしててもベタベタでいつでも手を繋ぐし、人前でもキスするのも平気なくらいで、愛情表現がもろに出まくりでした。

そこまで愛されてる実感があったので、プロポーズを素直にお受けし、彼の不安をなくすために、結婚を早めることもOKしました。

結婚までの遠距離恋愛でも、相変わらず休みの日も次の日が仕事でもわざわざ、会いにきてくれたり、私の仕事を手伝ってくれたりもありました。上手くいった方法やコツとして、その度に感謝し、愛情表現にも素直に応じてました。

実際、人前では恥ずかしかったですし、ストレートすぎて、それだけ愛情が深いんだなと感じたので、彼が求めることに応えようとしたことが、上手くいったのかと思っています。

一途に思ってくれているのが嬉しかったので、テクニックとして、それに応えて良かったです。

彼氏の愛情表現がないと感じるなら、コレを試して!スタンプで愛情表現を伝えるテクニック

大学時代にお付き合いしていた人のエピソードです。その日はお互い別の予定があり、それぞれの予定の前に少しだけ2人で会っていました。

会話の途中で好きなキャラクターの話になり、わたしが「今このこが気に入ってる」と話をする場面がありました。彼はふーんと聞いていただけでしたが、お別れをして次の予定に向かっていたとき、彼から急にLINEが送られてきました。

何かと思ったら、わたしが気に入っていると話したキャラのスタンプをプレゼントしてくれたんです!

少し話題にあがっただけだし、プレゼントしてもらおうなんて思っていなかったので、愛されてるな!ととても嬉しかったのが今でも忘れられません。そのスタンプを使うたびに、当時を思い出して幸せな気持ちになります。

その後は、お互いの好きなキャラの話になったら、忘れないうちにLINEスタンプを探してプレゼントし合うのが習慣になりました。

スタンプと一緒に、普段なかなか言えない感謝の気持ちを伝えることができるので、すごく良い習慣だったと思います。

まとめ

愛情表現の言葉で最上級や彼氏の愛がすごいと感じたお話など、7個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次