奥手女子が脈あり&奥手女子が付き合うまで成功体験談7選!奥手女子のLINE活用法から奥手女性気づいてほしいサイン、奥手女子告白待ちテクニックまで

  • URLをコピーしました!

奥手女子が脈あり&奥手女子が付き合うまで成功体験談など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する7個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

奥手女子が付き合うまでのアプローチ方法やうまくいく方法、コツを伝授!

奥手女子が付き合うまでのデートの誘い方や脈ありサイン、アプローチ方法やうまくいく方法やコツについてです。奥手な女子が付き合うまでには、好意をそれとなく言動で伝えることです。直接的に言うのは恥ずかしくても、

間接的になら伝えられるのではないでしょうか。例えば、メールをしてみるとか、話しかけてみるとか、近くにいるとか、そんな簡単なことでもいいんです。

まずは、自分ができることから始めてみましょう。それで、相手の方も乗り気なら、必ず乗ってくれます。それでも反応が悪いようなら、そこで諦めるか、それとも、自分への好意をはかるか、聞いてみるか、決めてみるのもいいと思います。

くれぐれも注意してほしいのは、相手の態度で決めないことです。態度とは、無意識的なものになります。なので、無意識的に相手が好意を持ってくれているようでも、本人は無自覚なので、好意を持っていることに気づいていません。

そうすると、相手の方は、行動には映してくれないかもしれないんです。だから、態度だけで、自分に脈ありだ、と判断しないことです。

脈ありかどうかを判断するには、言葉で判断するのでなく、行動で判断することです。

奥手女性気づいてほしいサインとは?私の作戦を教えます!

私は自分で言うのもなんですが、かなり奥手です、自分から告白をしたことはもちろん、男性の方に連絡先を聞いたこともありません。

勇気がないと言うか、恥ずかしく行動ができないのです。ですが、恋愛を頭脳戦とも思っているので奥手ではありますが、連絡などはかなりマメに返しています。

ラインでは顔も見ることなく気持ちを伝えられ、恥ずかしくなっても顔を合わせなくて済みます。なので気になっている方と連絡を取らなかった日は1日もありません。

そこも作戦のひとつであり、連絡は毎日しているけどデートに誘ってこないのはなぜだ?という気持ちにさせるのです。男性もそこで不思議に思い私のことを考えるようになればきっと気になるに発展するのではないでしょうか。

自分からデートに誘ったり行動することはできませんが、ラインなどで恋バナをするなどして気があるように表現します。私にできるアプローチはこれで精いっぱいですが、これは結構相手の気持ちをつかめることができます。

奥手の方もまず、連絡はマメにとるようにして恋愛に発展していただきたいです。

奥手女子が脈ありに発展する方法とは?服装から会話、アプローチ方法まで紹介

奥手女子の方は、それ自体古風な女性の面があって、日本男性にとって結構魅力的存在だと思います。けれども、奥手だけあって男性の目に留まりにくい所もあると思うので、まずは服装に女子力強化を図ってるべきだと思います。

男性は女性らしい女性は決して嫌いではないと思います。お目当ての男性がいるならなおさらで、日頃パンツルックよりもスカートを着用し、柄は上品な小花柄がいいと思います。

そして、お目当ての男性にどしどし迫る勇気はないと思われますが、意中の相手には、挨拶の機会は笑顔で、そして知恵と勇気を絞って、何か質問する機会を作るのがいいと思います。

例えば、相手男性が携帯しているカバンや着ている洋服、食べている物など、目に留まったアイテムで、質問材料になりそうと思えば質問し、そこから話を膨らませて、仲良くなって行けば良いと思います。

奥手さんは奥手さんらしく、遠慮がちに質問する、そんな自然さが「女の子らしい」とか「カワイイ」と思っても貰える事でしょう。

そして相手とのコミュニケーションの機会を掴むたび、相手の話す内容に興味ある態度をアピール、

興味を示したり、感心したりして、相手に肯定的態度を積極的にして行けば、徐々に気に入って貰えて、その内食事に誘われるなどデートの機会に恵まれるかもしれません。

奥手女性が職場恋愛でうまくいった一部始終を公開!真似して下さい。

奥手な私の、夫との出会いは職場でした。新卒で入社してから何年か同じ部署でたまに話す程度の先輩と後輩の関係でしたが、ある日先輩だった夫がLINEの友達かも?に表示されるようになりました。

つまり、職場のグループLINEの中から私のLINEを登録したという事でした。この件で、以前から夫を気になっていた私はもっと意識するようになりました。

ある日、たまたまゴルフが趣味だという事を夫が他の人と話していたのが聞こえたので、「ゴルフお好きなんですか?」と話しかけてみたところ、驚いていましたが、とても会話が弾みました。

LINEの件で少し脈アリかも?と感じていたので、その日の夜に「今日は◯◯さんとお話しできてとても楽しかったです。仕事の話などゆっくりお話ししたいので、よかったら今度食事に行きませんか?」と誘ってみました。

その食事でも職場のことや趣味のことで会話が弾み、夫の方がすぐ次の予定を立ててくれ、やがて何度か会ううちに付き合うことになりました。

あくまで近くにいる時に聞こえてきたという感じで、好きな人が他の人とどんな話をしているのか聞くのはありだと思います。

奥手女子がLINE活用で交際できる方法とは?奥手女子でも告白待ちで彼氏ゲット!

私にはこれまで3人とのお付き合いの経験があり、3人とも私が好きになり、アプローチしてうまくいきました。

これだけ聞くと私は容姿に自信があり、自分からガンガン責めるタイプに聞こえるかもしれませんが、実際は見た目に自信はなく、告白したのも私ではありません。

では、どのようにして付き合うまでに発展したのかこれまでの経験をもってお話しします。まず、前提として相手はすでに友達であったり、よく話したりお互いを知っているような仲ということとします。

LINEで連絡をとる→デートに行くではなく、職場や学校などで実際に会った時に出かける予定を作り、デートに行く→連絡を取るの順に持っていきます。ここでいうデートはラーメンでもさし飲みでも構いませんがなるべく気軽に誘えるものにします。

そこで、初めのデートで次の予定も取り付けます。新作の映画でも自分の好きな場所でも何でもいいのでご飯を食べるだけではない場所で、「あそこ行きたいんだよね」と言ってみます。

ここで相手から今度一緒に行こうよと言われたら次のデートの約束を取り決めます。次のデートまで行けたらこっちのものです。

なるべく自分が相手のことが好きだということを言葉にだしてアピールします(楽しい!や私たち相性いいね!など)。十分に相手に伝えたら、次の約束はせずに相手から誘われるのを待ちます。ここで誘いが来たら勝ちです。

皆さん、自分に自信を持っていきましょう!

奥手女子そっけない・・・!ちょっとずつ勇気を出してアプローチのススメ

奥手女子はなかなか自分からデートに誘うのは難しいかもしれません。でもあまりにも奥手すぎると恋愛できません。待っているだけでは恋愛は進展しないので、ちょっとずつ勇気を出してアプローチしてみるのがおすすめです。

「ダメでもともと!」くらいの気持ちで、開き直ってアプローチしてみるといいです。まずはデートに誘う前に、好きな人と少しずつ近づくことがポイントです。

頻繁に挨拶をする、日常的にLINEをするなど、彼氏の行動範囲や心の中にできるだけ入り込んでいくことがたいせつです。その中で、彼の好きなことや興味をさぐっていくと、デートのきっかけがみつけやすくなります。

デートに誘うのは勇気がいるかもしれませんが、気軽な相談や、ちょっとしたお茶など、軽めのデートから始めてみるといいでしょう。奥手女子は、男性からみるとかわいらしいことが多いです。

ぜひ自信を持って、少しずつでも彼に近づけるよう行動してみるとうまくいくと思います。

奥手女子が好きなタイプや本命へアタックならコレを試して!成功するデート方法とは

奥手女子が付き合うまでのデートの誘い方は、いきなり二人きりでというのはハードルが高いので、友達数人で遊びに行ったりするのがオススメです。

みんなで行こうかなと思っていることを伝えることで、相手にもそこまで負担はないのかなと感じます。

脈ありサインは奥手の子はあまり人前では、本音を言ったり感情を表に出せないことが多いです。緊張していたりとか、打ち解けるまでにも時間がかかります。

なのでその子の仲良しな友達に、好きな人の話をしたりしていたら脈ありです。また直接はなかなか言えないけど、LINEで楽しかったですなどの連絡がくるのも脈ありだと思います。

アプローチ方法は勇気がいるけど、直接遊びに誘ったり好きなものをお土産と言って渡したりするのがいいのかなと思います。

あまり強引すぎると引かれる可能性があります。なので直接会話することをポイントにおいて、遊びに誘ったり好きなお菓子など渡してみるのがオススメです。

まとめ

奥手女子のLINE活用法から奥手女性気づいてほしいサイン、奥手女子告白待ちテクニックなど、7個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次