喧嘩全部自分が悪い、彼女と喧嘩で自分が悪い対処法7選!喧嘩で彼氏の連絡放っておく、彼氏と喧嘩で連絡とらない期間や彼氏と喧嘩でラインで仲直りする方法も

  • URLをコピーしました!

喧嘩全部自分が悪い、彼女と喧嘩で自分が悪い対処法など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する7個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

彼女と喧嘩自分が悪いときの対処法はコレ!落ち着いたタイミングで話そう。

付き合っている人がいるときに、飲み会の迎えの時間のことで喧嘩になったことがありました。指定された時間に迎えに来てほしいという話をされ、私は指定の時間に迎えに行ったにも関わらず、彼は時間になっても現れませんでした。

1時間程車で待ってから、待ってることをLINEすると、もう少し時間がかかるから迎えいらないと連絡が来て、私は勝手にして!と先に帰りました。

その日は彼からの連絡が来ず、翌日の昼になっても連絡が来ず……ちょっと心配になりましたが、その日は放置して2日目くらいにこちらから「大丈夫?」

とだけ連絡をしました。すると少し、落ち込んだようなテンションで、返事が来て「返してしまってすみませんでした…」と素直に謝ってきました。

なので、私の仲直りをするための連絡の取り方は、人にもよると思いますが、ある程度の1人でいる時間をお互いに作り、落ち着いたタイミングで話す。

というかたちをとっています。もちろん、嫌なことはその都度話すようにして、できるだけ自分から声はかけるようにしてます。

飲み会の件での喧嘩以降は、飲み会の迎えは自分が来てほしいタイミングで連絡するようにと言い聞かせ、その後は何事もなく過ごしています。

喧嘩して彼氏との連絡を放っておく理由とは?仲直りする方法を紹介!

彼氏と喧嘩して彼氏が悪い場合には、ちょっとだけ離れてみるのもいいと思います。一人の時間を彼につくってあげて、しっかり反省してもらいましょう。

もし、喧嘩の原因がどうしても許せないことで、今後改善してほしいのであれば、冷静に伝えて何らかの約束をしておくと今後の二人のお付き合いにプラスになります。話し合いはあくまで冷静にすることがポイントです。

彼氏が悪いからと言って、あまり責めてしまうとさすがに彼氏も傷ついてしまうでしょう。

今後もうまくお付き合いしていきたいのであれば、彼氏を責めることだけをするのではなく、二人で考え、どこがなぜ悪かったのかを整理しておくことが必要だと思います。

彼が喧嘩の原因についてちゃんと反省していて、謝ってくれるようなら、あとは明るく接してあげるといいと思います。

喧嘩をしてお互いにわかることもあります。仲が深まったと考えて、喧嘩する前のように連絡を取り合えるようになるといいですね。

喧嘩全部自分が悪いときの解決策を教えます!◯◯を心配してあげましょう。

彼氏が悪い場合の喧嘩の場合は、喧嘩のこととは全く別のことを心配してあげましょう。食事のこと・家事のことなど普段彼女がわりと役割を担っていることであれば尚更良いでしょう。

ご飯食べた?とか会社に行くシャツにアイロンかけた?猫のトイレはきれいになってる?などです。一緒に住んでいなければチャットツールで話しかけたら良いでしょう。

相手が返事をするかしないかはひとまず置いといて、男性は心配してもらって甘えることができたらホッとすると思いますので、小さなことだけれど毎日の生活のことを気にかけてもらえると気分が和らぐ人が多いようです。

うん、とか、まだ、とか返事があれば仲直りへのステップは一歩前進です。あまり急にあれこれ心配せずにぽつぽつと今までの二人の生活ペースに近づけていけばすっかり元通りです。

喧嘩のことについて話し合いたければ、仕方のない人ねと許してあげる、と心のなかでポジションを取りましょう。

これは彼女のほうが実は立場が上になるので悔しいと思わないで、次からはこんなことをしてはいけませんよ、とたしなめてごめんと一言言ってもらうか、美味しいものでもごちそうしてもらいましょう。

喧嘩のことについてお互い触れたくない雰囲気であれば触れずに許してあげましょう。しかし暴力があったのであれば仲直りする必要はない点に気をつけましょう、暴力は許してはいけません。

彼女と喧嘩連絡こないときの仲直りする方法を紹介!ワンクッション置くススメ

仲直りの方法は、直接話すとケンカになりやすい確率が高いので、メールやLINEで連絡します。ワンクッション置く感じでしょうか。

こういうとこが嫌だったとか、そういうのはよくないという内容を伝えた上で、自分の感情も伝えます。悲しかったよとか、切ない気持ちだよですとかですね。

私は傷ついてることを匂わせるようなことを、メールやLINEに載せるのです。そうすれば、彼も反省してくれます。「ごめんね」と、素直に謝ってくれるように促すような連絡をすることがコツですね。

彼が悪くて、こちら側がイライラしててもです(笑)うまくいく方法として、怒ってることは伝えないほうが無難ですし、ケンカを蒸し返すことにはならないかと考えます。

また、コツのひとつとして、連絡するのもすぐにではなく少し時間を置いてからですね。冷静に落ち着く時間を持たせてあげたほうがいいです。

悪かったなーと反省してもらう意味もあるかと思いますので。男の人は、なかなか素直に謝ることが苦手な人もいるので、謝ってきたら、その事についてはそれで許して終わりにします。

軽くごめんと謝られても、許してあげることがうまくいく方法です。ほんとにそう思ってる?と疑いたくなる時もありますが、彼も仲直りしたくて謝るのですから、そこは多めにみることも必要かと考えます。

彼よりちょっと大人になったと考えて、広い心で!がポイントです。

彼女喧嘩の仲直りLINEを紹介!相手の気持ちと自分の気持ちを知ろう。

予約品を取りに行く約束をしていたのに、彼が疲れて寝てしまった。私はこうなることが予測できていたので何とも思ってなかった。一応確認として、寝るねと一言彼に声をかけた。

そしたら彼が、行きたくないからそんなこと言うんでしょと私の気持ちを踏みにじる言葉を発してきた。私はそんなつもりがなくて泣いてしまった。ここから言い合いが始まってしまった。

些細なことから喧嘩になることはよくある。話し合うことも大切だが、時間をおいて、彼の出方を探る方がいいと思った。カッとなってるときは思ってないことも口に出てしまう。話すのをやめてメッセージでやり取りするようにしている。

メッセージでやり取りすれば、文章が残る。あと、考えながら打つので余計な一言がなくなる。そうするとどこで食い違ったのか、どこで嫌だと思ったのかがはっきりする。自分にダメなことがあれば謝る。

ダメなことを認めれば相手も自分の行動を見直す為、自然と謝ってくれる。彼がどんな時その状態に陥りやすいかを考えることで、今後その状態を回避することができる。

何事も共有することが大事!メッセージでもいい相手の気持ちと自分の気持ちを知ること。

彼氏と喧嘩ラインなら、ラインで仲直りする方法!自分から謝ることが大事

喧嘩をして彼氏が悪い場合でも、私は彼を責めたりしません。あなたが悪いよ・あたのせいでくなっているよ・早く謝ってねなどの言葉は絶対に言いません。

彼が明らかに悪いと分かっていてもまずは自分に悪い部分が無かったのか真剣に考えます。そして考えた結果、彼が悪くても彼を責めません。

連絡方法はラインが一番かなと思います。電話では喧嘩などしていると感情的になってしまって思ってもないことを言ってしまいがちだからです。

ラインで連絡をとり、自分から謝ります。きっと彼も自分が悪いと思っていても素直に謝ることができなかったり、悩んでいると思います。

なので私から最初に謝ることで彼が謝りやすい雰囲気を作っていきます。責めるのではなく、私から謝ることで彼にも気づいてほしいのです。

そこで更に喧嘩をしたり、責めたりするともっと距離が離れてしまうので自分で気づきそこから真剣な話ができるような関係がいいのではないでしょうか。

悪くても責めることは誰でもできますが、受け止める・考えることは一部の人にしかできません。そんな存在になっていただきたいです。

彼氏と喧嘩連絡とらない期間は、2日~3日が目安!落ち着いてから連絡するススメ

カップルは長く付き合えば付き合うほど、お互いの素顔をさらけ出し、素直な意見の言い合いが出来るようになることで喧嘩をすることが増えます。

実際に私も、今付き合っている彼氏とは半年を過ぎた頃からは本音をぶつけあえるようになり、喧嘩も少しずつするようになりました。

実際、これまでの喧嘩で彼が悪かった時はだいたいすぐに彼の方から謝ってくれました。お互い好き同士なので、落ち着いてちゃんと話をすれば相手に悪いことをしたと思えば自然と謝罪の言葉が出てきます。

ですが、相手に心を開いてきた時が1番甘えてしまい、素直に謝りずらくなってしまいます。また、男性の場合、「男としてのプライド」というものがあり謝るのに抵抗がある人も少なくともいると思います。

そういう時は、彼氏と喧嘩連絡とらない期間も大事です。自分がほとぼりさめるくらいの期間が良いでしょう。2~3日くらいが目安です。こちらが謝るのではなく「きちんと話をしよう」と落ち着いてこちらから話を切り出してあげましょう。

また、こちら側が悪い喧嘩をしてしまった時にどんな風に謝ってもらいたいかを考えながら謝っておくと、彼が悪いことをした時に相手の気持ちを考えて謝りやすくなります。

でも、お互い信頼して言いたいことを言い合うためには、彼が悪い場合は話の場は設けても謝ることはしてはいけません。喧嘩が長く続くと不安な気持ちにもなりますが、喧嘩はお互いが心を開いてきている証拠です。

あとの謝罪がしっかり出来れば、喧嘩はカップルを大きく成長させてくれますよ。

まとめ

喧嘩で彼氏の連絡放っておく、彼氏と喧嘩で連絡とらない期間や彼氏と喧嘩でラインで仲直りする方法など、7個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次