男性が冷めたときのLINE内容や対処法7選!彼氏が冷めた時のLINEや男が冷めたときの行動、一度冷めた気持ち戻る男性の特徴まで紹介

  • URLをコピーしました!

男性が冷めたときのLINE内容や対処法など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する7個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

男が冷めたときのLINEを紹介!「うん」としか返信がないなら要注意です

彼氏が彼女に冷めた時のLINEの特徴としては、何を送ったとしてもそっけなくて大体が「うん」としか返ってきません。スタンプが送られてきたらラッキーという感じで、ほとんどが冷たいです。

そんな時の彼の理由としては、彼女のことが今はそんなの好きではなくて、他のことを頑張りたいと思っているから、本当に彼女と連絡を取りたくなく早く連絡を終わらせたいと思っています。

なので、いくら彼女が気をひこうとして連絡を取ったとしても彼氏からしたら「冷めているのに連絡が来ても別に話すことはないし、なんならしてこないでほしい」と思っています。

なので「うん」しか返ってきません。その状態になっている時には、何をしても解決できなくてほとんど彼の気持ちが落ち着くかしないと今後に繋げられません。

なので、彼の気持ちが冷めている時は何もせずにそっとして置いて彼から連絡が来るのを待つのが一番いいなと思いました。なのでその間に自分磨きして自分に自信をつけたら大丈夫です。

彼氏が冷めた時のLINEはコレ!具体的なやり取りを紹介します。

彼氏が冷めたときのLINE内容は、雑になったりします。また、自分には相応しくないとか、幸せになってほしいとか、今までにはなかった距離をとるような内容になることが特徴と言えます。

まだやり取りがあるのはいいほうでしょう。「元気でね」「彼女が出来た」「幸せになってね」といったLINE内容で終わりを匂わせてLINEをブロックされたりしたら、完全に冷めたときの特徴です。

人によっては「冷めた」とストレートに話したLINEする方もいると思います。その後の上手くいく対処法としては、こちらからは連絡しないことです。

理由は、倦怠期であったり、好きな人が出来たりと色々あるでしょうが、わからなかったとしても聞かずにいることです。聞きたくなるとは思いますが、後追いせず我慢して連絡せずに時間を置くことが懸命であると考えます。

そのまま終わってしまう可能性もあるかもしれません。ですが、冷めたままの状況で連絡しても上手くはいかないものです。数ヶ月かかるかもしれませんが、彼から連絡来るまで待つのが良いと考えます。

数ヶ月経過しても連絡がなければ、間違ったフリLINEしてみて、復活するのがいいかなと思います。

好きだったけど冷めたラインとは?◯◯の内容が書かれることです!

彼氏が彼女に冷めたLINE内容や特徴は、距離を置く内容が書かれることです。「俺とのことはもういいよ」とか、「元気でね」「幸せにね」と別れを匂わせたりします。

やり取りの中で、これから先はないんだと思わせる内容になってきます。直球で「冷めた」ということもあるでしょう。冷めた理由は、好きな人が出来て言えずにいたり、付き合いが長すぎて長い春が終わることも。

付き合っている間で、ふたりでいても進展がなくて、倦怠期のはてに別れがよぎった場合もあるでしょう。好き同士なのに、このままの状況ではよくないと冷めたのも原因だったりします。

LINEブロックされたりして、連絡を絶ってしまうのも特徴です。その後、上手くいきたい対処としては、辛くても悲しくても、すぐに連絡を取らないことです。

理由がわからなかったとしても、聞いたり責めたりすることは避けるべきです。数週間もしくは、数ヶ月様子をみたほうが賢明だと考えます。

その後に、何かしらきっかけを作って連絡してみて、反応をみれば良いと思います。その間に冷めた彼の気持ちが変わることもあるでしょうから。私はLINEブロックされましたが、今は待ってる状況です。

ブロックされたからと、こっちもしては本当に終わりになってしまいそうなので、こちらからはブロックせずにいます。これから復縁するかどうかはわかりませんが、対処方法として、待ってみてます。

男が冷めたときの行動とは?LINEの連絡すらなくなりました!

元々男性は連絡をとったり・四六時中一緒にいることはそう望んでいないと思います。仕事が忙しいのはもちろんですが、きっと必要な時にだけ連絡をとるといった考えの方が多いことでしょう。

ですが、彼女に冷めてしまったらそのラインすらなくなると思います。

基本的にめんどくさがり屋の方が多いと思うので、ラインもしなくなり、なんなら別れ話を切り出すのも面倒なので彼女の方から別れ話を出してくれないかなと思っている人も多いと思います。

どんな内容のラインでも返事が「そうなんだ・そうだね・すごいね」などといった短文であれば冷めていることが確実でしょう。冷めた理由は一概には言えませんが、やはり付き合っていく上での温度差が重要かと思います。

彼女があまりにも想い恋愛体質だったり、かまってちゃんだったり一緒にいて疲れてしまう女性とは別れたくなってしまいます。

対処法と言いますか、そのような状況にならないためにも日頃から彼の恋愛観に合わせていくことが大切だと思いますよ。

好きな人冷めた診断!この3つのLINEの特徴で気づいて下さい。

彼氏が彼女に冷めて来た時のLINEの特徴は、「既読が付くのが遅くなる」「既読が付いても返事が遅くなる」「返事の内容がそっけない」。この3つだと思います。

仕事が忙しい、寝ていたなど様々な理由を付けてはLINEを返してくれなくなり、私としても「ああ、これはだんだん冷められているな」と感じておりました。

そんな時はこちらからLINEを送りまくると余計に冷められてしまうので、「そっか、じゃあまた連絡するね!」などあえてさっぱりとした態度でいることが大切です。

するとしばらくして向こうから「今週ヒマ?」などとLINEが来ます。

私の場合、彼氏が「放っておいて欲しい時」と「かまって欲しい時」の境がハッキリとしていたので、この「かまって欲しい時」になったら向こうから連絡が来るというパターンでした。

彼氏と会えない期間も、友達と遊んだりショッピングしたり、自分の時間を楽しんでいたので正直あまり寂しくはありませんでした。

むしろ彼氏一筋になってしまうと余計にLINEの返事が来ない事が気になってしまうので、そこは「こういう人だからなぁ」と割り切って過ごしていました。

そんなことを繰り返すうち、彼氏は私の関係に居心地の良さを感じたのかLINEを無視するということも無くなっていき、今では以前の様な良好な関係を続けております。

一度冷めた気持ち戻る男性の特徴とは?男性が冷める前に気づくポイントを紹介

彼氏が彼女に冷めたときのLINE内容や特徴・やり取りや彼氏が冷めた理由、その後うまくいく対処法についてです。彼女に冷める時って言うのは、自分勝手だったりする時ですね。ネガティブな内容だったりして、冷めることはあります。

なので、ネガティブな思考や言葉は解決、解消していくべきです。そうでないと、人間関係もうまくいきません。甘えるのはいいですが、彼氏も包容力があるおとなではありません。子供な人は多いからです。

なので、彼氏が何でも受け止めてくれると思うのは間違いと思ってください。ネガティブな思考は、過去は自分で解決していく必要があります。

彼氏が冷めた場合、メールの内容はたんぱくで簡潔になります。あまり話してくれなくなります。忙しいと言って、連絡が減ります。

遅くなります。頻度も下がってきます。自然消滅を狙っているのかなと思うような感じになります。そうなる前に、自分で気づいてください。自分がされたらどう思うか?を考えればいいです。

遠距離で男性が冷めたときの行動の一部始終を公開!冷められた対処法も紹介します

私は今遠距離恋愛で3年目になる彼氏がいます。その方と付き合う中で倦怠期が訪れ、冷められてしまった経験があります。そのときのLINEは返信が1時間から半日と遅く、返ってきてもスタンプだけとかそっけない返事が多かったのを覚えています。

今までのLINEとは様子が全然違ったので、すぐに「あ、冷められてるかも」と気づきました。彼氏が冷めた理由をのちに聞いたら、「一時的だったけど、いいなと思う子がいた」と言っていました。

彼氏が冷めたときのラインはとてもそっけなく、中々精神的に辛かったです。そんな私たちですが、もう3年目に入りました。

冷められたとき、私は相手の返信間隔に合わせたり、共通の話題でなるべく盛り上がりそうな内容をLINEで話すように意識していました。あとは冷められてるかもと思ったら、直接話すようにした方が良いと思います。

お互いに思っていることを伝えることで、今の自分たちに何が必要なのかを考えることで、今後の関係がうまくいくと思いますよ!

まとめ

彼氏が冷めた時のLINEや男が冷めたときの行動、一度冷めた気持ち戻る男性の特徴など、7個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次