冷めて振ったけど後悔する男性から別れて後悔する男性の特徴7選!自分から振ったのに後悔する男性や失ってから気づく男性心理まで紹介

  • URLをコピーしました!

冷めて振ったけど後悔する男性から別れて後悔する男性の特徴など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する7個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

別れて後悔する男性の特徴とは?ちゃんと相手のことを見られていない!

男性から振っておいて別れてから後悔する男性の特徴は、あまり見る目がないのかなと思います。他に気になる人がいたり、あまり恋愛対象として見られないと感じているような気がします。

あまりちゃんと相手のことを見られていないのかなと思います。振ってからやっぱり別れなきゃと後悔するのは、人それぞれ時間も違うはずです。早い方が復縁の可能性はあるのかなと思います。

相手はもう忘れたいという気持ちもあると思うし、次の恋に行きたいという人も多いはずです。なのであまり時間が経って復縁することは、ハードルが高いような感じもあります。

復縁につなげるにはとにかく相手のいいところや、いままで見れていなかった部分などちゃんと謝って伝えることが大切かなと思います。ただ復縁したいだけでは可能性は低いです。

付き合っていた頃のこともちゃんと考えて、相手の様々なところを細かく見ていくことで気づいたこともたくさんあると思うので素直に伝えるべきです。

冷めて振ったけど後悔男性は、寂しがりや!復縁につなげるコツを紹介します。

寂しがり屋の性格の男性は、自分から振っていても後々後悔する、そのような気がします。今まで当たり前と思っていた彼女からの愛情もきっと、別れてから実感することでしょう。

今まで自分はこんなにも愛されていたんだ、彼女はこんなに多くの愛情をくれていたんだと、きっと自分が想像している以上に喪失感を感じると思います。

そしてそんな場合、男性は確実に後悔をします。しっかりと考えずに勢いで振ってしまって後悔をし、その影響でどんどん好きの気持ちが大きくなることでしょう。

復縁につなげるコツは強がらずに、自分の気持ちを正直に伝えることだと思います。「自分から振ったけど、あなたの存在は想像以上に大きかった」と一言伝えるだけで、彼女も理解してくれると思います。

恋愛に関しては強がっていても意味がないと思います。強がらずに自分の気持ちを正直に伝えていく、そういった素直さでこれからの関係性が決まっていくことでしょう。

想いを伝えることは恥ずかしいことでもなんでもありません。好きな人には好きな人の前はでは正直な自分でいてほしいと私は思います。

自分から振ったのに後悔男性の特徴はコレ!後悔しないように冷静に話し合うススメ

男性から振っておいて、別れてから後悔する男性の特徴は、一瞬でカッとなってその場で今後のことを決めてしまうタイプの方が後悔すのではと思います。

例えば喧嘩をして、お互いヒートアップしてしまいそこで別れ話を切り出すようなタイプの人間は絶対に後悔すると思います。落ち着いている方でしたら一旦落ち着き、喧嘩の原因をしっかり考えると思います。

そして原因がわかれば別れ話にもなりませんし、自分が悪かったことも認めてくれます。なのでどんな時でも冷静でいるのが大切ですが。そのような行動がとれない方が勢いで別れたあとに後悔するのだなと思います。

その場の感情・その場の雰囲気で決めてしまう・そんなタイプの方が多いことでしょう。そこから復縁につなげるのは簡単なことではないですが、気付いた時点で少しでも早く自分の気持ちを伝えていくことが大切でしょう。

正直にあの時は勢いで言ってしまったと言えば、相手も理解してくれます。その話までの時間は少しでも早い方がいいと思うので、思いついたらすぐに行動をしていただきたいです。

何事も冷静に・ゆっくりと考えてから行動をとるようにしていただきたいと私は思います。

失ってから気づく男性心理とは?後先考えないタイプの人が多いです!

女性を振っておいて、後から連絡をしてくる男性は基本的に後先考えないタイプの人が多いですね。子供っぽいといえばいいのでしょうか?

「好きな人ができたから別れたい」と言われたので承諾すると、その後「振られたから寄りを戻したい」と言ってきました。

私が別れてしまったので連絡すらしたくないと思っているのにも気が付かないし、そのまま「家行ってもいい?」と聞いてきたり、とても無神経で腹が立ちました。

またしばらくしたら好きな人ができたとか言われたり、本命はお前とか言われるんだろうと思いますが、ドラマとかだと大抵このタイプの男性はモテるタイプが多いと思いますが、彼氏は元々モテないタイプで一方的に女性を追い回すタイプでした。

そのせいで色々とトラブルを起こしていました。その後、私は引っ越したので彼氏のことは現在はまったくわかりません。

失ってから気づくいい女性とは?復縁する方法を教えます!

男性側から振っておいて別れてから後悔する男性の特徴は自立していなくて、彼女に支えられていた男性です。

当たり前のことだとは思いますが、彼女に頼っている部分があった彼氏は彼女を失ったときに自立しきれていなくて生活の中で寂しさを感じたり困ったりすることがあります。

また、別れてから後悔する男性は彼女と良い思い出が多いという特徴もあります。別れてからその思い出を思い出して、「やっぱり元カノはよかったなぁ」と感じることが多いんです。

そこで復縁したいと思ったら、素直に元カノに話すことが1番です。ただ、その気持ちに気づくのが遅れてはいけません。復縁したいと感じたらすぐに行動した方が良いです。

遠回しに言ったり、ちょっかいをかけたりしてはいけません。1度別れた手前、気まずい気持ちもあるかも知れませんが少しでも変な言い方をすると誤解を生みかねません。

思っていることは素直に伝えて、復縁したい気持ちをストレートに言うのが1番です。1度は付き合った相手なのだから、復縁したいとストレートに言われればかなり揺らぎますよ。

振った側復縁したくなる男性とは?復縁につなげる方法やコツも紹介!

今回は、男性から振っておいて、別れてから後悔する男性の特徴、復縁につなげる方法やコツについてです。

振っておいて、別れてから後悔する男性の特徴は、優柔不断な性格の人かなと思います。自分の判断、見る目に自信がないので、揺れます。

他の人と付き合った方がいいのか、わかりません。要は、女々しい男なんですね。優しい人もこれに当たります。優しい男性は、好かれますが、はっきりしない傾向もあります。こうした男性と復縁するのは、簡単です。

でも、男性に好きな人がいない場合に限ります。好きな人がいると、てこずります。その好きな人より、魅力的に見せるか、連絡を取り続けるか、など積極性がいります。

が、迷惑に思われると難しいです。好きな人がいない場合は、連絡が来れば簡単です。連絡が来るかどうかは、嫌われていないことが重要です。嫌われていると、連絡は来ないです。なので、嫌われないようにしておきましょう。

それさえ気をつけておけば、男性からは必ず連絡はきます。

振ったのに好きでいてくれる理由とは?復縁したい男性としなくない男性の違い!

自分から振っておきながら、復縁を迫ってくる男性は数名いました。

例えば、約束を破ったことを問い詰めると、鬱陶しくなったのか「別れる」と面倒臭そうに言い放ち、部屋を出ていった元彼。私も冷めたため、彼の言葉で別れたと見なし、すぐに気持ちを切り替えました。

すると数日後、「やっぱりあの言葉、なかったことにしてほしい」と連絡が。きっとまた約束を破るだろうと思い、復縁はしませんでした。

また、長く付き合ったものの、些細な口喧嘩から別れ話に発展し、離れた元彼。その彼もまた数日後、「考え直してほしい」と言ってきたのでした。その時は私もまだ気持ちがあったため、復縁しました。

すぐ復縁を迫ってくる人は、何かの積み重ねで別れを考えたというよりも、一時の感情で別れの言葉を口走ってしまったという形が多いように感じます。

復縁を迫られたら、自分自身の相手に対する気持ち次第で考えて良いと思います。

また、別れ話に応じたもののやっぱり復縁したいと思った場合は、少し相手の感情が落ち着いたタイミングを見計らって連絡を取ってみると、お互い冷静に話ができると思います。

まとめ

自分から振ったのに後悔する男性や失ってから気づく男性心理など、7個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次