カップルライン頻度(高校生・大学生・社会人)の成功体験談7選!長続きするカップルライン頻度やカップルLINE頻度少ない対処法まで紹介

  • URLをコピーしました!

カップルライン頻度(高校生・大学生・社会人)の成功体験談など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する7個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

カップルLINE頻度が少ない!でも長続きするためのLINEやりとりを公開します。

付き合って間もない頃は、頻度高く連絡を取るカップルが多いかなと思います。私もそうでした。その中で、ライン内容では、「今なにしてる?」は極力控えていました。

考え過ぎかもしれませんが束縛に感じてしまうかなと思いました。

朝なら「おはよう」から始まり、仕事終わりなら「お疲れ様」就寝前なら「おやすみ」、業務連絡かと思うかもしれませんが、彼からの返事もあったのでほぼ毎日、朝、仕事終わり、就寝前の連絡は取っていました。

寝坊したり、寝落ちしてたりする時も勿論ありました。その他の時間帯は自分も彼も仕事がありますし、お互いにあった出来事や聞いて欲しいことなどは自由な時間に送り合ってました。

その他のなにか用事がある時は電話する方が早いので、ラインで長文は送らなかったです。長文をあまり得意としない男性が多い気がするからです。

また、相手のラインの返事がどれぐらいの頻度で返ってくるのか付き合って数ヶ月経つと分かってくるので、それに自分が合わせる感じでした。

すぐに返事を返しすぎてしまうと、相手も早く返さないといけないと思うようになるので面倒くさく感じてしまう男性は多いと思います。毎日連絡は取るけど、お互い無理なく好きな時に返事をする。それが1番上手くいくコツかなと思います。

長続きするカップルライン頻度とは?あまり連絡を取らないようにするススメ!

長続きするカップル(高校生でも大学生でも社会人でも)のLINEは、相手の時間を考えて送ることが大切です。相手の仕事やプライベートの予定を把握して、忙しい時間に返信を催促しないようにしましょう。

自分が暇な時間や仕事の合間に、パートナーにLINEを送るのはとても良いことです。しかし、あまりにも大量にメッセージが来ていたり、返事をすぐしなければいけないような内容だったら、負担に感じてしまいます。

相手の負担にならない程度のメッセージを送るよう、心がけましょう。プライベートの時間、パートナーが友人たちと遊んでいる、食事に行っているとき、ついついLINEしたくなります。

しかし、そこは我慢が必要です。誰でも友人との時間は貴重で、邪魔されたくないものです。特に社会人になり、忙しく過ごす中で、友人と時間を合わせて会うのは至難のわざ。

お互いの時間を尊重すべく、あまり連絡を取らないようにしましょう。相手の時間を尊重し、相手の気持ちを考えて行動することが大切です。

カップルラインしない!100通のメッセージより1通の電話をオススメします

長続きするカップルのLINE内容は、お互いのスケジュール把握です。「今日は〇〇に行くよ」などと予定を伝えておくと、相手は安心します。連絡が返ってこなくても、「何しているんだろう」「誰と会ってるの」など、余計な心配をせずに済みます。

また、「〇〇時に帰るから、それから電話できる?」など、相手のスケジュールを押さえるのも有効です。普段LINEのメッセージで連絡を取っていても、やはり電話で話したいものですよね。

私は100通のメッセージより、1通の電話の方が2人の距離を縮めることができると考えています。お互いに暇な時間はたわいもないメッセージを送り合って、電話する。

相手が忙しそうなときは連絡を控える、そんな当たり前のことをするだけで良いと思います。自分のことだけでなく、相手のことを思いやって行動することで、自分にも返ってきます。

仕事で忙しそうなときは、相手を気遣う「お疲れ様」という気持ちを込めたメッセージを送りましょう。きっと、疲れが吹っ飛び、より深く愛しあえる関係になれるはずです。

付き合った直後ライン内容は、顔文字をたくさん使うこと!ラブラブなLINEとは?

付き合った直後ライン内容や長続きするカップルのLINEは、顔文字をたくさん使うことが不可欠です。付き合いたてのカップルは、ラブラブな内容のLINEを送り合っていることでしょう。

しかし、付き合いが長くなると、顔文字もなく素っ気ない内容になってしまいがちです。そんな長い付き合いのカップルこそ、顔文字をたっぷりと使うべきです。

親しき中にも礼儀あり、という言葉があるように、馴れ合いの中で徐々に関係が崩れていくのは避けるべきだと思います。文章の最後に1つ顔文字を入れるだけで、印象は変わります。

表情がそのまま伝わる感じがしますし、嬉しい気持ちになります。顔文字とハートの両方を使うと、少し恥ずかしいですが、メッセージをもらった相手はきっと嬉しいはずです。

私はお付き合いが10年以上経っている彼に、今でも顔文字とハートなどでラブラブなメッセージを送ります。彼も同じように返してくれますし、やはり何もない文章より、顔文字やハートが入っている方がテンションが上がります。

自分がされて嬉しいことを、相手にもしてあげましょう。

カップルラインの理想頻度は、1日最低3回!その理由とは?

カップルLINEの理想頻度(高校生・大学生・社会人)は、最低3回です。仕事や生活スタイルにもよると思いますが、3回は連絡を取れると思います。朝のおはよう、仕事終わり、おやすみ、の合計3回です。

私は電車通勤なので、朝のLINEは電車の中です。彼は会社に早く出勤しているので、会社からLINEをくれます。私は仕事中暇なときは連絡してみますが、どれだけ忙しくても、帰りの電車では必ず連絡します。

彼は残業していることが多いので、「今日も残業」「今日は早く帰れそう」などと連絡をしてくれます。夜はお互い暇な時間があると、電話をするので、その時間調整で連絡を取り合います。

そんな暇がないときは、ただおやすみを伝えるLINEをします。これが私たちカップルの、最低限のLINEのやりとりです。時間があるときはもっとたくさんのLINEをやり取りしますが、最低でも3回くらいというのは、お互いの共通認識です。

どちらかが我慢する恋愛は長続きしないと思うので、頻度に不満がある場合は話し合ってみるのも良いでしょう。

カップルLINEの返信速度とは?長続するコツや成功体験談も紹介!

カップルでラインの理想頻度ですが、そのカップルごとに理想のライン頻度は決まると思います。例えば1日に何通もしたいカップルもいれば、用事のある時だけでいいと思ったり1,2通だけでいいと思っていたり。

なので、お互いの心地よいと思える頻度でいいのではないでしょうか。ラインはひとつの連絡手段でありラインで愛情を図るものではありません。

ラインが少ないからといって気持ちが冷めているや好きでなくなったということは間違っています。なので、付き合った時に2人で決めておくのがいいと思います。

仕事で忙しいからこのくらいになる、ラインが無いからといって催促をするようなものではないと。前もって決めておけば不安になることなく、進んで行けると思います。

長続するコツはラインも含めてですが、返信速度なども相手に期待をし過ぎないことです。恋愛はどうしても相手に過剰に期待をしてしまいがちですが、そこは相手に期待をせずに自分なりの恋愛をしていくのが一番です。

何をするにもストレスならずに自然とできる行動、それにラインも入っていると思います。

アラサーカップルの連絡頻度とは?長続きするカップル連絡頻度も紹介!

私は30代で、もうすぐ交際開始から15年になります。お互いに1番長続きしています。一緒に暮らしてるので毎日帰るコールがきます。最近では「(仕事おわっ)た」と一文字だけくるので私も「(わかっ)た」と返します。

おつかいを頼みたいときはネットのチラシに○を書き込んだ画像を送ります。返事は「りょ(うかい)」です。毎日やりとりするので、特に着飾った言葉は使いません。

ちょっと簡略すぎるかなとは思いますがお互い面倒くさがりなので、これくらいでちょうど良いです。長続きするカップル連絡頻度としては、自然体でラインを生活で使うことです。

体調が悪い時も「腹痛い」とだけ送れば「欲しいもの教えて」と返ってくるので商品名だけ送りつけます。

帰ってきてから口頭でお礼は伝えます。顔を会わせた時にしっかり会話ができてて、お互いに相手が考えてることもある程度わかるので、長ったらしいラインをダラダラ続けたりする必要はありません。

一緒に住んでるので帰ってから直接話せば良いですし。付き合いたてのころの甘いラインも楽しいですけどね。

まとめ

長続きするカップルライン頻度やカップルLINE頻度少ない対処法など、7個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次