彼氏や社会人カップルで会う頻度が月1でもうまくいく秘訣10選!恋人と会う頻度やデートが減った場合の対処法も紹介

  • URLをコピーしました!

彼氏や社会人カップルで会う頻度が月1でもうまくいく秘訣など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

合う頻度が彼氏は月1派、私は週1派!会う頻度の少ない社会人カップルのうまくいく秘訣を紹介

私が高校生の頃付き合った彼とは4ヶ月付き合って別れ、その間デートに1回も行ったことがありません。

塾で会うか、メッセージでのやり取りのみです。理由は、平日は学校、放課後は部活動で、土日も部活動で会える日が一切なかったからです。社会人になって出会った彼とはお互い同じ部署で、休みも月に10日ほどあります。

しかし、私は週一派でしたが、彼は月一派。彼は一人の時間も大事にしたいという理由から、お互いの価値観の違いで喧嘩別れしました。私が感じたのは、社会人よりも学生の方が休みが少ないということです。

また、いくら休みがあってもそれぞれの意見や価値観があるので、一致しなければ不満に繋がります。大事なのはお互いの状況を適宜メッセージや電話で伝え合うこと。

「どのぐらいの頻度で会いたい?」と、相手の意向をきちんと確認することだと思います。会う頻度の希望や会えない理由は正直に、ハッキリと、隠さずに伝えることで誤解を防げます。

カップルの会う頻度が月1でも、長続きするコツを教えます!

私が大学生の時に付き合っていた彼氏は、フリーランスのカメラマンとして仕事をしており、会える時は週1回、会えない時は月に1回ほどでした。

彼の仕事が忙しくて会えない代わりに毎日LINEやたまに電話をしていました。

付き合い始めたばかりの頃は、彼も無理して時間を作ってくれて会っていたりしましたが、慣れてくると仕事優先に戻ってしまい、会えないことで喧嘩をすることも。

男性は追われると逃げていくという知識はあったので、会えない時間はマイナスに捉えずに、自分の趣味に没頭する時間と捉えていました。彼氏との時間だけではなく、友達と遊んだり、

新しい好きなことを見つけることで、毎日が楽しく感じるようになり、また、そのことを彼氏に電話やラインなどで話すことで会話も生まれ逆に仲良くなったと思います。

会う頻度が少なくてもうまくいくコツは、彼氏と一緒にいる時間だけではなく、自分一人の時間をとにかく楽しむことだと思います。キラキラしている私をみて、彼の方からまた頻繁に会いたいと言ってくれるようにもなりました!

カップルの会う頻度で大学生と社会人の違いとは?会わなくても不満のたまらない方法とは?

大学生の時に同じサークルの彼氏とつき合っていましたが、大学3,4年生になって就活や卒論などで忙しくなってくると、週1会っていたのが月1,2に減ってきました。

ちょっと少ないので大丈夫かなと心配になったりましたが、こまめにラインしたり電話したりすれば、寂しくなることもなくつき合っていました。

月1のデートだと、久しぶりに会えるのでワクワク感があるし、こまめに合っている時よりメリハリのあるデートができたと思います。また、月1に会う頻度が減ったことでデート代の節約にもなりました。

社会人になってからも月1くらい会えればいいかなといった感じだったのですが、大学時代から月1デートに慣れていたので不満に思うことはありませんでした。

毎日会いたい、週1会いたいタイプの人もいると思いますが、社会人になったらどうしても頻繁に会うのは難しくなります。そのため、学生のうちに会えなくても不満がたまらない方法を2人で見つけておくことをおすすめします。最近なら、ビデオ通話をしたままご飯を食べると楽しいと思います。

社会人が恋人と会う頻度が少なくても、トキメキを長続きさせるコツを公開します

社会人は学生に比べ、必然的にデートの頻度が少なくなりがちですが、週に1度もしくは2週に1度を限度とした方が良いと思います。

なぜなら、社会人は学生に比べ、ストレスを多く抱えているため、頻繁に会えば、相手へ甘えて当たりたくなってしまうからです。頻繁に会う機会がなければ、当たることもできず、一度喧嘩しても冷却期間を持つことができます。

次に、二人にとってちょうど良い頻度のデートをする際に気をつけることは、プランをなあなあにすることなく、しっかりデートをするということです。

長い期間お付き合いしているうちに、時間と集合場所だけ決めてなんとなくデートをしている方もいると思いますが、これはあまり有効ではありません。

トキメキが薄れるからです。「明日彼と○○へ行ける!!」という楽しみを目標に、日々の仕事に邁進することもでき、また彼という存在が自分の中で大切なものになっていきます。

このように、もうちょっとデートしたいなという一歩手前の頻度で、自分たちが好きなデートをすることが長続きのポイントだと思います。

うまくいくコツはコレ!社会人で恋人と会う頻度は週一派でも長続きする方法

彼氏と会う頻度やデートの頻度は週一派、正確に言うと週一以上派です。高校生や大学生だと割と自由に時間を使えて縛られるものが少ないので、会いやすいですね。

連絡もとりやすいですし。あとは若いのでとにかく元気で疲れ知らず笑。多少無理してでも会っていたと思います。社会人になると住む場所やどんな仕事かにもよりますが、週一会えたら良いほうではないでしょうか。

次の日のことを考えたり、仕事が忙しい時期もありますしね。会う頻度はある程度付き合い初めの時に話し合ったらうまくいくと思います。休日はどの頻度で会えるのか、休みの前日はどうか、仕事の後のご飯に行くことが出来るのか、等です。

きちんと話し合うことで相手の生活リズムが見えてきますし、会う頻度の希望だったりどう考えているかが分かります。ある程度すり合わせもしておくと今後がスムーズです。

きちんと話し合い、お互い会う努力をしてデートを楽しむ!これが忙しい社会人でもうまくいくコツです。

毎日LINEをしあうなど工夫が大事!彼氏と会う頻度が少ない社会人の秘訣を公開

今の夫と付き合っていた頃は、お互い社会人で平日が仕事、土日は会社が休みでしたので、毎週土日両方会うようにしていました。

午前中から会って夕飯まで食べてから帰宅するような感じで二人で様々な場所にデートしに行きました。

また週末会うのとは別に平日のうちの一日は会社が終わってから二人の会社の中間地点の駅で会って夕飯を一緒に食べる、などのちょっとしたデートもしていました。会えない日は毎日メールしていました。

あまりにも会う頻度が少ないと、やはり心が離れていくような気もするし、実際私の友人でお付き合いしていた彼とは一ヶ月に一回の頻度で会うようにしていた人がいましたが、その後友人は彼氏から心が離れ、友人の方から別れを切り出したケースがあります。

ある程度以上はデートし、よく会話をすることで、お互いの考え方や価値観がわかることにつながるのではないかな?と思います。

仕事が忙しくてなかなかデートの機会がない人は、毎日LINEをしあうなど工夫すれば、大丈夫だと思います。

お互い忘れないようにする秘訣はコレ!カップルで会う頻度が少ない社会人に試して欲しいこと

高校時代はお互い運動部で、同じ県内でも少し離れた地域に住んでいたのでなかなか会う事が難しく、それでも「月2回くらいは会おうね」と付き合う前からやんわりプチルールを作っていました。

専門学校の時に出来た彼は、同県出身だけど県外で運動部。それなりに強豪だった為休みはほとんどなく、帰省はお盆と年末年始のみ。こちらが一方的に会いに行く事がほとんどで、そのためにアルバイトをしてお金を貯めていました。

初めての遠距離恋愛でしたが、長くは続かず“わたしは遠距離は向いてないな”とここで分かりました。あとにも先にも遠距離恋愛はこの一度きりです。

社会人になって一番長く付き合った彼とはほぼ週1で会っていたので、週1が理想です。

一目惚れみたいなものがなく現実的なので、好きになるポイントに会える頻度や連絡のマメさも含むようになったように思います。(これは社会人になってからの事ですが)

長く続いた恋愛を省みて一番大事だな、と感じたことは「約束を守る」に限ります。当たり前のことではありますが、これができないと長続きは難しいと感じました。

連絡は毎日どちらともなく。「おはよう」「おやすみ」「お疲れ様」など挨拶と労いの言葉は、長く付き合ってもお互い忘れないようにしたいですよね。

心の共有だけは途絶えない方法とは?彼氏と会う頻度が減ったならコレがオススメ!

私は高校の時に彼と出会いました。付き合ってかれこれ5年ほどになります。

大学進学では私は地元を離れ他県で一人暮らしをしています。高校の時は同じ学校だったのでクラスが離れても会いに行って一緒に帰ったりお昼ご飯を一緒に食べたりして、会わない日が無いくらいでした。

正直、やりたいことより彼と離れる事の辛さが大きくて引越しを躊躇した時もありました。でも、自分の進路を決めるのは私しかいないのでなんとか自分を律して地元を遠く離れ、一人暮らしを始めました。最初は遠距離恋愛は初めてで、不安も結構ありました。

すぐ会いたくなったりして心も不安定でした。でも、頻繁に彼と会うと交通費がとてつもない事になるので2ヶ月から3ヶ月に一度か、長期休暇で実家に帰った時に彼に合うようにしています。

今では彼とはとてもいい距離だと自分で感じています。頻繁に会っていた時より離れていた時間が長い方が、久々に会った時により相手のことを愛おしく思えます。適度な距離でいられるので私は自分の事に集中しつつ、でも相手のことを疎かにしないということができています。

会えない分もちろん連絡は頻繁にします。心の共有だけは途絶えないようにしないと相手のことが分からなくなってしまうので対面通話や、メッセージアプリを使って週に4回~6回ほど話すことがなくても連絡はとっています。

メールや電話を頻繁にすることが基本!彼氏と会う頻度が月1なら、絶対必要なこと

今の夫とは高校生の時から付き合っていて会う頻度など年齢を重ねるにつれ変わっていきました。同じクラスだった時はもちろん毎日クラスで顔を合わせていていつでも話せるのがお互いに楽しかったです。

クラスが変わってからは毎日朝と帰りの登下校を一緒にすることで寂しい気持ちにならずに過ごせました。大学に入り遠距離恋愛になった時は長期休みにお互いが会いに行くだけの頻度に変わりましたが会えない代わりにメールや電話を頻繁にすることで会う機会が少なくても関係を保つことが出来ました。(もちろん寂しい思いをしたことは多々あります)

社会人になってからは住む場所が自由になったので同棲をしていました。遠距離恋愛で会う頻度が少なくなっていたのが寂しかったのと、仕事で忙しくて会う頻度が更に減る分、家で過ごす時間を共に過ごせるようにしました。

一緒に暮らすことで日々の仕事の話しやたわいもない会話をすぐにできるのが良かったのでやはり会う頻度は多い方がストレスはたまらず恋愛を続けられると感じました。

お互いの相手を思いやる気持ちがあればうまくいく!彼氏とのデートが月1でもうまくいった成功体験談はコレ

彼氏と会う頻度やデートの頻度は相手の立場や状況次第で臨機応変に対応していました。

と言うのも、私がまだ10代の頃、高校を卒業し就職して働いていたのですが、一個下の同じ高校の後輩と付き合っていました。高校生の頃はお互いに同じ生活リズムで会うパターンなど何にも問題はなかったのですが、

私が働き始めてからはなかなか難しくなりました。まず帰宅時間が合わない、今までこまめにやりとりしていたメールも疎かになる、休みの日もお互いに譲歩しないと会えない。と言う感じでした。

帰宅時間は私の方が遅く、休みの日は受験生の彼は勉強で塾に行ったり大忙し、メールのやり取りも日中は私が仕事をしているためろくに返せない。。

私は彼が好きだったので、「別れる」と言う選択はなく、ただ二人の時間がないことに不満ばかりぶつけていました。

そのうちに彼から「勉強に専念したい」と言われ別れることになりましたが、今思うと自分の気持ちばかり押し付けて彼の気持ちを全く考えていませんでした。

学生と社会人は付き合うのはむずかしと若い頃は思っていましたが、お互いの相手を思いやる気持ちがあればうまくいくと思います。

まとめ

恋人と会う頻度やデートが減った場合の対処法など、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる