LINE続けるべきか、異性とLINEを続けるコツ10選!好きな人とのLINEのやりとりからLINEの続け方、LINEで会話を続ける方法まで紹介

  • URLをコピーしました!

LINE続けるべきか、異性とLINEを続けるコツなど、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

異性とLINEを続ける方法やコツは、相手にいろんな質問をして興味をもつこと!

異性とうまいLINEのやりとりは、相手にいろんな質問をして興味をもつことだと思います。好きなことや好きな音楽などやりとりをして、知ってたらこんなところがいいよねと共感します。

知らない場合はどんなものなのか教えてほしいとお願いしたりするのがおすすめです。そうすることで違和感なく、自然とやりとりができると思います。

初デート後のLINEはとにかく楽しかったという気持ちを全面に伝えるのが良いです。ストレートに楽しい想いを言うことで、相手も絶対に嬉しくなると思います。また会いたいなとか遊びたいなという気持ちにもなるはずです。あとお礼もしっかり伝えることも大事です。

交際に発展するためには、ほどよいLINEの頻度がいいと思います。すぐに返信するよりも少し時間を置いて返信したりすることで、ワクワクした気持ちになるかなと感じます。次に会う予定などを立てていくのも即返信するのではなく、一旦置いて送るのがベストです。

LINE続けるべきか悩んだらコレ!毎日LINEをしても良い判断基準とは?

気になる人とのLINEは誰もが気にする事で、どの頻度で返事を書いたら良いか、また既読したか返信がまだかという心理的な不安もあります。

私は基本的には、お互いに話がスムーズであれば毎日LINEをしても良いと思いますが、まだ慣れていない場合は、仕事中はあえて返信せずに家に帰ってから返信したりと、なるべく頻繁には返信しないように心がけています。

あまり一度で盛り上がってしまうと、短時間で会話が終わってしまうので、1日の癒しに数回やりとりしてまた次の日に続けると長続きがします。

また、デートに行けた際は、気になる相手にはまたLINEをしますが、誘われ待ちではなく自分から行きたい場所などを提案するようにしています。

「また誘ってください」と言ってしまうと、相手はまた誘って良いのか、それとも遠回しに断られてしまったのかと悩み、次に誘ってくれなくなってしまう場合があるので要注意です。

この様に、気になる異性とは頻繁になりすぎずに連絡を続け、気になったら自分から誘ってみると交際に発展しやすくなります。

LINE続けるコツは、日常化!LINEを続ける方法を教えます!

LINEはやりとりが日常化すると、連絡を取り合うのが当たり前、生活のリズムになってきます。最初は面倒だな、と相手が思っていても、こちらがLINEし続けると案外そのペースに乗ってくる男性は少なくありません。

しかし、ラインでいくら仲が良くなってもやっぱり会うのが一番。LINEで盛り上がるとすぐに会いたくなりますしね。

私はなかなか誘えない時に良く使う手が「結婚式の二次会でディズニーペアチケットが当たっちゃったの!誰も行く人いないから一緒に行かない?」と、誰か一人を探しています。という誘い方。

脈があれば来てくれるし、脈が無くても嫌いじゃなきゃ来てくれるでしょう。そもそも、ディズニーデートに一緒に行くことで、長い待ち時間を乗り越え丸1日一緒にいることでお互いの嫌なところを含めた色々な部分が本当に良く分かります。

お互いが合うか合わないかが一発でわかるのがディズニーデートだと思っています。そこで自分が楽しければきっとそのデートは成功。そこからのLINEのやり取りの内容がデート以前よりお互い近づいた内容になるでしょう。

異性とLINE続けるコツは?嫌がられてしまう前に気を付けることも紹介!

挨拶を必ずします。できれば、毎日したいところですがあまり積極的にしてしまうと嫌がられてしまうので気を付けます。おはようのスタンプやおやすみなどが簡単です。まず、おはようから始まり相手の反応をみます。

その後はその日の出来事などを伝えてみて、返信が来たらあまり続けずに夜におやすみと返します。始めからあまりLINEしてしまうと話した時や会った時のドキドキが無くなるような気がするからです。

趣味や食べ物の話を出来たらしてみます。今日は?に行ってきた、?を食べたよなど、美味しかったから今度行こうよと言えたらいいと思います。?が美味しいと聞いたから今度一緒に行ってみたいなど伝えます。

もしそこで、会う約束が出来たらOKです。初デートの後は必ずLINEする事です。相手も緊張しているし、どうだったか気になると思うので帰り道にLINEします。

とても楽しかった、またデートしたいことを伝えます。何回か会うことが出来て、告白しても断られないと自信ができたら相手から告白してくれると思います。

LINEで会話を続ける方法を公開!LINE続けたいたいなら、相手の話を聴かせてもらう気持ちで。

異性とLINEのやり取りをするのは、気心の知れた友人とは全く違うことは、経験者なら知っているはずです。

特に、気になる相手とのやり取りとなると、どうやったらやり取りが続くのか、初デートができたとしたらその後のLINEはどうしたら良いのかなどと、頭を悩ませてしまうでしょう。

そんな異性とのLINEのやり取りについて、ちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。まず、LINEのやり取りを続けるコツです。一番心掛けたいことは、相手の話を聴かせてもらう気持ちでやり取りをすることです。

相手の話に肯定的な相槌を打ったり、相手の会話の流れを妨げない程度に質問を投げかけたりして、楽しく会話をした方が長続きします。次に、初デートの後のLINEのやり取りについては、デートをしたその日のうちにお礼を伝えましょう。

相手は、自分とのデートがどうだったのか気になるはずです。そこに、お礼のLINEが来たら嬉しいでしょうし、何よりそのLINEをきっかけに会話が弾みます。

そして、初デートもその後のLINEのやり取りも上手く続くようなら、相手との相性もいいので、交際する方向に進めるようにさらにやり取りを重ねていきましょう。

どのタイミングで交際に踏み切るかは、その2人のやり取りと関係の発展次第なところがあります。ただ、一つの基準として、通話の頻度が高くなっているのなら、交際に踏み切るといい結果になるはずです。

好きな人とのLINEが続くには?異性とのLINEやりとりコツやポイントを紹介。

【ラインのやり取りを続ける方法】

ため口と敬語をうまい具合に混ぜ合わせる!です。しっかりとした礼儀正しさを表すために敬語を使い、かつ 壁を感じさせないようにため口も混ぜておくると効果的だと思います。

男性の方から「ため口でいいよ」と言われたら距離が縮まっている証拠です。

【初デート後のLINE】

とても楽しかったという思い、時間を割いてくれたことへの感謝、また会いたいという想い を組み込むことがおすすめです。

ただし、具体的な日にちよりも「また会えたらうれしいです」くらいの距離感がいいと思います。

【際に発展するためのうまい連絡の取り方、タイミングやコツ】

基本的には男性に追わせる、自分のことでいっぱいにさせる!がコツだと思います。私の場合、最初のデートは居酒屋さんで2時間くらいお話しをしました。

軽い印象を与えないよう、必ず終電で帰りましょう。お別れしたら自分からラインをしてOKだと思います。「今日は会ってくれてありがとう。とても楽しかったです」といった控えめだけど、想いを伝えた内容がいいと思います。

その後も2,3回は男性リードで連絡やデートの日取りを決めて、女性は受け身がおすすめです。

「俺のことどう思ってるのだろう?」「向こうから誘ってくれないな」「次いつ会えるのかな」と男性をいい意味でもやもやさせることが交際への近道です。

初デート後のLINEやりとりが大事!その理由とは?

交際前の気になる男性と初デートをしたときは必ずデート後にLINEをしましょう。

相手はこちらが楽しかったかどうか必ず気になっているはずです。たとえ最高に楽しい!と言えるデートではなかったとしても、最高に楽しかったと伝えることが大切です。

もしあまり盛り上がらなかったデートであっても、こちらが楽しかったと伝えることで相手は優しい人なんだと感じてくれると思います。また私は必ず感謝の気持ちを送るようにします。

特に食事などを奢ってくれたり、デートプランを決めてもらった場合などは必ず感謝を伝えるべきだと思います。いくら楽しかったという連絡がきたとしても有難うの一言があるかないかは相手の人となりが分かるポイントだと思います。

また次のデートに繋げるには「次は私がご馳走したいと思うので都合のいい日はありますか?」などお礼LINEの流れでしっかり約束をとりつけるといいと思います。

また急かすことのないように、お礼LINEは返信不要と示し、「また決まったら連絡ください」としておくと、控えめで好印象だと思います。

連絡には緩急、いわゆるギャップが大事!ラインのやり取りの異性との続け方とは?

連絡頻度は緩急が大事だと思います。

出会い方は、マッチングアプリや友人からの紹介など多岐にわたります。

その時、連絡先の交換としてLINEの交換をすることが多いと思いますが、男女どちらから声をかけたかどうかはこの時点ではそんなに影響がないと思います。

私自身、相手が草食であったがために、自分から連絡先を聞きましたが、交際に発展するケースがありました。

LINE交換後は、いろいろなサイトには「相手の返信ペースに合わせる」といったようなことが書かれていることがありますが、実際は自分のペースで問題ないと思います。

時間があり即レスの時もあれば、忙しくて全く返信できない、友人といるときは一切連絡しないなど、私は自然と返信スピードに緩急がついてました。

「自分のこと気にかけてくれているな~」と思った矢先全く返ってこないなどあると「あれ、なにか気に障ること言ったかな…」などと、連絡を取っていない時間も、私のことを考える時間が増えます。そうすると気になる存在になり、いつしか好きという感情に置き換わります。

内容は何であれ、連絡には緩急、いわゆるギャップが大事だと感じます。

異性や好きな人とLINEを続ける方法やコツ!否定せず/スルーせず/肯定してあげる

とにかく、自分の話ではなく、相手の話を聞くこと、否定せず、スルーせず、肯定してあげることです。

うまく話を引き出してあげる、すごいとほめてあげたり、興味を持ってあげたり、興味を持って聞いてあげること、自分の好きなことに興味をもってくれ、聞いてくれる人を嫌いな人はいませんよね。

お互いに同じ趣味なら盛り上がりますし、自分が相手と違う趣味だとしても、そこで興味をもって、知っていき、自分も好きになっていければ問題ありません。相手の好きなことを受け入れられるかどうかがカギです。

恋愛でも結婚でもお互いに自分と違う価値観を受け入れられないことから失敗して別れることになるからです。否定から相手への興味が薄れ、好意が減り、会話がなくなっていきます。

人として重要なことは、肯定することです。相手にに寄り添い、相手の立場、気持ちになれるかどうかが重要です。自分が満たされていないと、どうしても自分を認めてほしい気持ちが先に出て、相手のことを考えられなくなるからです。

LINEやりとりを続け方は、相手の興味関心を掴めるような話題ではじめる!

異性とのうまいLINEのやりとりを続けるには、まず相手の興味関心を掴めるような話題で、やりとりを開始することが重要です。この時に好きな気持ちが先行して、なんどもメッセージを送ってしまうのはNGです。

相手も仕事や学業があるので、空いた時間に気軽に返信ができるような内容が良いでしょう。交際に発展するためには、日々の連絡を細かにとり、ただの友達から少し意識した存在に相手に思ってもらうことが重要です。

例えば、相手との話の中で出てきたキーワードから、共通の趣味につながるようなものの話題を得ることができたら、さりげなく連絡しましょう。(例:アートが好きな人だっら、美術館の展示情報を教えてみましょう)

そのような、会話の中で同じ時間を多く共有することで、交際に発展しやすくなります。価値観を共有することは、今後の関係性の中でも双方にとって大切です。

但し、このやりとりの中で気をつけたいのが、あなたばかりが無理をして実際の自分以上に背伸びをしたように見せてしまうことは、最終的にボロが出てしいますので、あなたも無理のないお相手とやりとりができるように関係を築いて行きましょう。

まとめ

好きな人とのLINEのやりとりからLINEの続け方、LINEで会話を続ける方法など、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる