別れの危機を乗り越えたカップルの体験談10選!別れの危機を乗り越える方法や復活、話し合いで解決するエピソードや何カ月で別れの危機になるかまで紹介

  • URLをコピーしました!

カップルの別れる前兆やサイン、別れの危機の体験談など、編集部が厳選したエピソードを紹介!

すべて実話で、あなたの恋愛を応援する10個のリアルな体験談をお届けします。

恋人のことでいつも悩んでしまう方の参考になればうれしいです。

目次

カップルの別れる前兆は倦怠期!別れの危機を乗り越える方法や復活した方法

初め、3ヶ月ぐらいで倦怠期が来ると言われているけど、だいたいのカップルは、どんどんお互いの事を見えてきている証拠であって、その倦怠期を乗り越えたらこの先喧嘩も減ると思います。

その時点で許せない、無理と思った人は心が狭いと思ってもいいと思います、お互いのことが好きで付き合ってお互いのことを知ろうとしてそれでも好きなら許せるようになってくると思います。

私も3ヶ月の時に倦怠期がありました。お互いぶつかり合って言い合いばっかでもう無理なのかなと思っていた矢先、彼が私のことを考えてくれてものを言ってるんだよと言われ、

それを理解するようになり、私が一方的に怒っていたのは相手のことを考えていないからだと思うようになりました。

なので倦怠期の時はお互いのことを見つめ直してちゃんと思っていること、ここは嫌だったなと思ったところは必ず溜め込まずに相手に言っていいとおもいます。

男の人は言わないと分からない人間なので喧嘩も大事だから、とにかく相手の気持ちを考えてものを言うようにしたらいいと思います!

別れの危機エピソード!別れの危機だと感じたら会いに行くべき理由とは?

別れる時の予兆は、今まで普通に連絡取れていたのが‥だんだん連絡が取れなくなったり、会話が少なくなってきます。

デートの回数ももちろん減っていくと危ないサインかもしれません。ただ仕事などが忙しい場合もあります。そんな時は、会った時に確かめるのが確実です。

会った時に、目を合わせなかったり、笑う事も少なくなっていたら要注意かもしれません。別れたくなかったら、原因を考えて頑張ってトライしてみてください。

別れは、すごく辛いとおもいます。好きな人と別れがくるのを悲しむのは、誰でも同じ事。素晴らしいと私は思います。それだけ好きだった彼の事。今度は、その彼の幸せを願ってあげてみて下さい。

彼の事を本当に大事に思っている方だったら、きっと彼の幸せも願えるはずです。彼が幸せだったらって思っているうちに、あなた自身も幸せに思うようになります。

別れがきたのならば、それも きっと運命。あなたにも また幸せがくるはず。別々の道を歩む事になりますが、お互い幸せになるステップだと思って下さい。

別れるカップルの前兆は、お互い相手に時間をさかないようになるとき!

私の体験談ですが、別れるカップルの兆候としてお互い相手に時間をさかないように感じました。

自分の時間や友達との予定をわざと恋人との予定と被らせてみたりして徐々に相手との距離を置く様な感じ。

徐々に距離を置くようにするって事は自分にとって相手の優先順位が低くなってしまった原因があるからなのかなと思います。私も実際相手と距離を置くためにわざと予定を組んだりしていました。

その時は相手の何か嫌なところや気に食わない事があって優先順位が下がってしまって別れてもいいかなーとかマイナスな考えをしていたのだと思います。

あとはわざと相手に嫌われる様な行動を取って相手から別れを切り出す様にする人もいると思います。

私の姉がそう言うタイプで、自分から別れを告げる事が出来ない人だったので自分が別れたいと思ってもそれを言えないためにあみ出したんだと思います。

相手が嫌な事をわざとやってみたりしていたそうです。それで相手から別れを切り出させたりしていたそうです。

別れる直前、別れのサインは、デートに乗り気でないときが危険です。

お付き合いしている相手からそろそろこれは別れ話を切り出されるな、と感じた予兆はいくつかありました。

まず一つは、デートの提案をしても二つ返事であまり乗り気ではなさそうに見えたことや、2人で会っている時もそれとなく早く解散しようとすること、でした。

男性は自分への気持ちがなくなると、本人はそのつもりがなくてもわりと表情や態度にわかりやすく出てしまう人が多いです。

私の場合、LINEで一方的に別れを告げられるという不誠実なお別れをしたので乗り越えるのは少し大変でした。お付き合いしてる期間も短かったと言うのもあり、自分の何がいけなかったんだろうと自分自身を責めた時間もありました。

結論から言うと乗り換えるには時間が解決してくれる、としか言いようがありません。しかし、慰めてくれる友人と頻繁に会って気分転換したり、新しい恋愛にまた踏み出してみることで頑張って立ち直る、と言うより自然に悲しい記憶も薄れ、切り替えることができました。

別れるカップルの前兆やサインは、どうでもいいような態度などを取ってしまったとき!

付き合っていた時は、毎日のようにLINEで挨拶を交わしたり、電話でお互い些細なことで笑ったりしていた声が楽しかったはずなのです。

デートの時もお互いがワクワクしながらドライブしたり、彼女の手作りのお弁当をウキウキしながら食べていた時が当たり前だったと思うです。

いつも横にはお互いの存在があったから、たわいもない日常生活が楽しく思えていたはずなのですが・・。何処で歯車が狂ったのか?

まさか?お互いが付き合った時のトキメキが薄れてきて、違う方向に気持ちが向かってしまったときが危険なサインのひとつなのではないのでしょうか。

そんなお互いが相手から束縛されていると勘違いして、どうでもいいような態度などを取ってしまったときも危険なサインのひとつだと個人的にはそう思います。

今まで付き合っていたころとは全く違う気持ちが、お互いを干渉しなくなったり、友達とばかり楽しく遊ぶようになってきて、お互いが連絡を取り合わなくなったときが別れる直前の特徴だと思います。

何方かが相手に寄り添わなといけないはずなのですが、お互い強情を張ってしまうと。

取り返しのつかないことが、起きてしまいわないように少しでも直接会って会話で解決をすることをお勧めいたします。

別れの危機は話し合いが大事!別れるかもしれないと感じたら、本音で話し合うこと

大学生の頃、彼に対する私の気持ちが冷めてしまい、メールの返信が遅くなったり、わざと着信に気付かないふりをしたり、会うのも億劫になったり、とにかく彼との接触を避けたくなりました。

キスや体の関係を持っている最中も、どこかうわの空で作業的、自分を演じていました。

でもいずれそれらも耐えられなくなり、ついに別れ話をしました。すると相手側も、何となく気付いてはいたけれど受け入れられないと、関係の継続を求められました。

でも、一度気持ちが冷めてしまうとそこからまた元に戻すのはなかなか難しく、復縁を迫られれば迫られるほど相手を鬱陶しく思うようになってしまいました。結局、その後何度も復縁を求められましたが、謝って別れてもらいました。

こうならないためにも、お互いよく相手の話を聞くこと、お互いを尊重し合うこと、たまには本音で話し合うことが大切だと思います。そして、予兆に気付いたら見て見ぬふりはせず、しっかり受け止めていくべきだと思います。

別れの危機は何ヶ月?彼氏の冷めた態度になった原因とは

就職して一年目の夏のことです。ある日、別の課の友人からコンパのお誘いがありました。

もともと地味なタイプの私は、それまでコンパに参加したことがありませんでした。慣れない場所で、困っていると横に年上の男性が座りました。冗談が上手くて会話のテンポがよく、とにかく楽しかったです。別れ際に連絡先を交換すると、翌日から毎日のように連絡が入るようになりました。

やがて彼から告白。わたしたちは付き合うようになり、毎週末、ドライブデートをしました。年上の彼は、私が行ったことがないようなお店に連れて行ってくれたり、誕生日にはブランド物のネックレスをプレゼントしてくれました。

やがて私のほうが彼に夢中になると、付き合って3か月で潮が引くように彼の熱が冷めていきました。連絡は三日に一回。週末は会いたいと言っても仕事だとはぐらかされる。

彼の誕生日も会えなくて、電話をかけると、受話器からざわめきと誰かの笑い声が聞こえました。そんな日が一か月ほど続いたあと、彼から呼び出され別れを告げられました。始めはとてもショックで泣いてばかりいました。

きっと、彼にとって自分は若さ以外は魅力がなかったんだろうと思いました。泣くだけ泣いた後、わたしは資格取得のために勉強をして、新しい職場へと転職しました。

ありがたいことに、とても良い人ばかりの職場で新しい出会いもあり、今は生き生きと楽しい毎日を送っています。

彼氏の別れる前兆は、普段から蓄積されたものが突然ふりかかってくるものでした!

私が中学生時代に別れた彼氏との体験談です。きっかけは自然消滅でした。

その彼は元々大人しくモテるタイプではありませんでした。交際を続けていくうちに彼がとても嫉妬深く、粘着体質な性格であることに気付きました。

ある時二人で川で花火しようと約束しました。当時二人ともケータイを持っていなかったため、学校で段取りを決めていました。彼は無口なのでほとんど私が決めている状態でした。

当日、川に集合して彼氏は何故か機嫌が悪かったです。原因を彼に聞いて見ました。するともっと俺は違うプランが良かった。本当は花火大会に行きたかったなど、その時言ってよと思うことばかり言われました。そこから少しずつギクシャクし、なぜか挨拶しただけでキレられたり、話してても全くうわの空だったりしていました。それから2ヶ月後うまくいかずに別れました。

まとめると、急に予兆はくるわけではなく、普段から蓄積されたものが突然ふりかかって来るものだと思います。その後彼は新しい彼女が出き、とても楽しそうでした。

私は彼と別れた影響で心理学に興味を持ち、心理学の勉強に打ち込みました。そのおかげで彼のことを乗り越えることができました。

別れる前、別れそうなカップルと感じたなら、ちゃんとはっきり別れたいという意思表示しよう!

別れる前ってどうしてもなんか冷たい感じでわりますよね。

相手もそっけないし、かといって自分も正直もうどうしようもない感じになるし、元に戻れる気もしないって感じだから正直どうしようもないです。そういう時はキッパリ別れてしまった方が私の経験上いいですよ。

だって、いつまでたっても煮え切らない感じでいてもしょうがないじゃないですか。別れるときはもう、ちゃんとはっきり別れたいという意思表示をすることが大事だとおもいますよ。

相手がそっけなくて、こっちがまだ好きな場合はちゃんと話し合う必要がありますが、基本的に恋愛ってどちらかがダメっていってしまったらどうすることもできないのが恋愛なんでこっちが好きでもどうしようもありません。

仮にそっけない態度をとられて何度か修復を試みるのもいいかもしれませんが帰ってこなかったときはきっちり分かれてそれで終わりにした方がいいです。そして、次の相手をとっとと探してしまいましょう。

カップルの別れる前兆は、顔や態度に出ることが一番わかりやすいケース!

別れたいと思ってしまうと、顔や態度に出る人が多いと思います。

相手とお付き合いをしている間、どのような関係でいたか、どういう雰囲気であったかなど、自分でわかっているので、その時との差を感じた瞬間に、「あ、もう私に気持ちがないんだな」とすぐに分かります。

それは、相手が目を合わせてくれなくなったり、話しかけてもそっけなく返事をしてたりです。連絡も毎日していたのが、2.3日連絡が来なくなることもありました。

相手が私に気持ちがないと私が感じてしまうと、私もだんだんと気持ちが薄れていってしまうので、そう言う時は私から「最近あまり連絡をくれなくなったよね」「このままだとあまり良い関係ではないよね」などときっかけを作るような会話をして、別れ話に持っていくケースは多くありました。

やはり付き合ったり、結婚するなら相思相愛であるのがベスト。相手が自分に気持ちがないのなら、ずっと寂しい思いを抱えたまま一緒に過ごさなければならないと思うと、耐えられません。

自分のことをずっと思ってくれる人に出会えるまで恋愛をしていくべきだと思っています。

まとめ

別れる直前の彼氏の行動や別れるかもしれないと感じたときの対処法など、10個のエピソードをお届けしてきました。

さまざまな恋愛体験談を通して、前向きにポジティブに前進していきましょう!

この記事が、あなたの恋愛において、あなたらしさを叶えるきっかけになれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる